日本ディープラーニング協会認定 E資格対策コース概要説明動画配信(2019年2月23日試験向け)

参加枠申込形式参加費 参加者
参加枠1
先着順 無料 1人 / 定員50人

イベント内容

日本ディープラーニング協会認定 E資格対策コース概要説明
(2019年2月23日試験向け)

Alt text

概要

オンラインでAIエンジニアのスキルを身に付け、 資格取得を目指しませんか?

日本ディープラーニング協会認定プログラム 「現場で潰しが効くディープラーニング講座」

講座概要をご説明します。 期日になりましたら、動画をご案内します。

講座特長

  • いつでもどこでも学びやすいオンラインコース。

  • KaggleMaster取得者など、第一線で活躍するAIエンジニアが動画解説。

  • E資格取得に必要なコンテンツをすべて網羅したコースをリーズナブルな受講料で提供。

本コースは、AI、IoTなど最先端の技術分野に特化した研修で定評がある株式会社ナトフとの共催により提供します。 目的はディープラーニングを実装するエンジニアの技能の習得。 数理的な基礎原理から体系的に習得する一方、実務で必要な周辺処理や実践手法を中心に学んでいきます。 現場で未知の課題に直面しても潰しが効く技能を身につけることがゴールです。

そして、日本ディープラーニング協会(JDLA)が主催する日本で唯一のAIエンジニア資格(E資格)試験受験のために受講が必要なプログラムとしての認定も受けており、2018年9月に実施された第1回目の同試験では、全受験者の合格率が69.4%のところ、 当時通学制のカリキュラムで学んだアイスタディ受講者の合格率は88.9%に上りました。 そのカリキュラムをいつでもどこでも受講できるようオンライン化する一方、 製作課題の提出と評価や、質問への対応なども通学制講座とほぼ遜色ないように盛り込んだeラーニングと通学制コースの「いいとこどり」を実現したのが本コースです。

コース詳細はこちら

https://offers.istudy.co.jp/academy/lms-deep-learning-for-training

こんな方におすすめします

  • 2019年2月開催のE資格取得を目指す方
  • ディープラーニングを用いたシステムの開発を手掛けたい方
  • ディープラーニングのスキルを習得して次のキャリアを検討したい方

説明動画

無料

本イベントは終了しました