ロボット開発で世界を変える

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加
先着順 無料 0人 / 定員40人

イベント内容

Alt text

ロボット開発で世界を変える -2025年のロボットビジネス-

概要

2025年までに、仕事量全体の52%をロボットが こなすようになるかもしれないと、 世界経済フォーラム(WEF)が発表しました。

これからの時代は、「人間」と「ロボット」が 共に生きていく世界になることは間違いありません。

今回、TEQSではロボットビジネスを 既に具体化しているお二人をお迎えし、 今後、さらなる巨大産業へと発展する 「ロボットビジネス」について お伝えするセミナーを開催します。

基調講演では「遠隔操作ロボット」OriHime(オリヒメ)や、 目の動きだけで文字を入力できる 「デジタル透明文字盤」OriHime eye(オリヒメ アイ)などを開発し 社会にインパクトを与えているオリィ研究所 吉藤オリィ氏をお迎えし、 「サイボーグ時代の生存戦略」をテーマにお話しいただきます。

また、現在、ソフト産業プラザ TEQSで実施中の IoT・ロボットテクノロジーのビジネス創出の支援プログラム 『AIDORプログラム』のご紹介をいたします。

AIDORアクセラレーション https://teqs.jp/acceleration

AIDORエクスペリメンテーション https://teqs.jp/experimentation

さらに、BtoB、BtoCの垣根なく様々なロボットプロジェクトに携わり、 AIDORアクセラレーションのメンターとしてもご参加頂いている 株式会社ロボリューションの小西氏をお招きし、 吉藤オリィ氏との対談を実施いたします。

ロボット開発の最先端を行く お二人のお話は必聴です!

タイムスケジュール

時間 内容
14:00 〜 セミナー開始のあいさつ、TEQSの施設や取り組み・AIDORプログラムについての紹介
14:10 〜 AIDORプログラム メンター ロボリューション 小西氏 ご紹介
14:30 〜 「サイボーグ時代の生存戦略」
吉藤オリィ氏 基調講演
15:30 〜 「ロボット開発で世界を変える」
吉藤オリィ氏 × 小西氏 対談
16:00 終了

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

吉藤オリィ(健太朗)氏

吉藤オリィ(健太朗)氏

ロボットコミュニケーター、ロボットアーティスト 株式会社オリィ研究所 代表取締役所長

孤独解消を目的とした分身ロボットの研究開発を独自のアプローチで取り組み、自分の研究室を立ち上げ、2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表、ほか
AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶアジアを代表する青年30人「30 Under 30 2016 ASIA」など。2018年デジタルハリウッド大学大学院特任教授就任。

小西康晴氏

小西康晴氏

株式会社ロボリューション代表取締役 生野金属株式会社 代表取締役社長

2002年、慶応義塾大学大学院 理工学研究科 空間環境デザイン専修 修了。株式会社村田製作所に入社。2005年 退社し、父が経営する生野金属に入社。(現在、代表取締役)2006年6月 サービスロボットの開発・導入コンサルティング事業を行うロボリューションを設立。RTビジネスプロデューサ/RTシステムデザイナーとして、各種開発プロジェクトに参画。2006年、大和ハウス工業株式会社「住宅床下点検ロボット開発プロジェクト」(平成18年度経済産業省「サービスロボット市場創出支援事業」)開発プロデュース。2008年、村田製作所「ムラタセイコちゃん開発プロジェクト」感性価値向上プロデュース。2011年、ピップ株式会社高齢者向けメンタルケアロボット「うなずきかぼちゃん」開発プロデュース。 その他、大手企業の新規ロボット事業プロデュースにおいて、多くの実績がある。 2016年、経済産業省委託事業「ITベンチャー支援プログラムEXIT」メンター。

参加対象

ロボットビジネスについて知りたい方 新規事業担当者 IoT・ロボットを活用したサービスアイデアをお持ちの方 ロボット開発者のお話を聞きたい方

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

参加費

無料

ハッシュタグ

#AIDOR #OriHime #吉藤オリィ #ロボットビジネス #新規事業 #先端技術 #起業 #IoT #ロボット

本イベントは終了しました

類似しているイベント