【2018年12月19日:東京開催】新たな時代に入った人工知能テクノロジーの活用を考える Vol.49 (日本IBM)

【2018年12月19日:東京開催】新たな時代に入った人工知能テクノロジーの活用を考える Vol.49 (日本IBM)

参加枠申込種別参加費定員
一般参加
先着順 無料 1人 / 定員30人

イベント内容

新たな時代に入った人工知能テクノロジーの活用を考える Vol.49 (日本IBM)

~ 企業内適応に必要なポイントとそのプロセスを解説 ~


詳細なアジェンダ・申込は下記URLを参照ください。

http://www.classcat.com/2018/10/22/1219/


日本は「課題先進国」と呼ばれ、「少子高齢化」「労働人口の減少」「エネルギー」「環境」「教育」など様々な課題が更に加速度的に進んでいく現状において、これら課題の機械化・自動化を実現するため人工知能テクノロジーを採用する企業が増えてきております。


しかしながら人工知能テクノロジーの社内適応の実態は多くの課題を抱えており、頓挫するケースも多々あります。この新しい人工知能テクノロジーを適応する上での考慮点ならびに自社におけるディープラーニング活用のための具体的なステップを解説いたします。


加えて、IBM や Google がリードしている OpenPower Foundation で推進しているHPC (High Performance Computing) の紹介と共に、人工知能における活用事例を日本アイ・ビー・エム社から紹介いただきます。


セミナー参加者向け個別相談会(無償)実施中!

http://www.classcat.com/ai_individual_consultation


日時:2018年12月19日(水) 15:00-18:00 (14:30 受付開始)

会場:日本アイ・ビー・エム(株)本社 8F 809

住所:〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

地図:https://goo.gl/yo3hK4


共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS

後援:日本アイ・ビー・エム(株)、働き方改革推進コンソーシアム

参加費:無料 (事前登録制)

定員:30名 (申込順で受付)

対象:事業責任者ならびに経営者、新規ビジネス企画役員


※セッションのタイトル・講師・時間配分などは、やむなく変更されることがあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


お問合せは cc-seminar@classcat.com までお気軽にお問合せください。


注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。何卒ご理解とご協力をお願い致します。
本イベントは終了しました