TOP

Docker Meetup Tokyo #27

イベント内容

DockerCon EUで発表されたCloud Native Application Bundle (CNAB)やDocker Compose-on-Kubernetesに関する情報および,KubeCon USの模様をお伝えします.

会場 (Event place)

日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンタ (NTT Software Innovation Center)

〒108-0023 東京都港区芝浦 3-4-1 グランパークタワー34F (34F Granpark Tower, 3-4-1 Shibaura, Minato, Tokyo)

  • 当日18時までに,入室用のQRコードをお送りします.connpassからの通知メールを,お手持ちのスマートフォンで受信できるよう,ご準備ください.(Please use the QR code that will be sent by 18:00 for the entrance)
  • 21時以降は入館できません (The door will be closed at 21:00)
  • crash.academy様に動画を撮影・公開いただきます.(The meetup will be recorded by crash.academy. )
    https://crash.academy/community/dockermeetupTokyo

地図

タイムテーブル (Time table)

時間 内容 発表者
6:30 pm 受付開始 (Door open)
7:00 pm イベントスタート (Event begins) Akihiro Suda (@_AkihiroSuda_)
7:05 pm KubeCon 報告1: コンテナランタイムやFirecrackerの話題ひととおり振り返ってみよう (Container runtimes & Firecracker Recap) Kohei Tokunaga (@TokunagaKohei)
7:20 pm KubeCon 報告2: About kanister Makoto Hasegawa (@makocchi)
7:35 pm Docker Compose-on-Kubernetes Kunal Kushwaha (@kunalkushwaha)
7:50 pm DockerのCUIツール作った話 @gorilla0513
8:05 pm 休憩
8:15 pm CNAB: Cloud Native Application Bundle Kohei Ota (@_inductor_)
8:30 pm LT 1: GitLab Serverlessとその中身(KubeCon 報告LT) Takuya Noguchi (tn961ir)
8:36 pm LT 2: kubectlを実行してからetcdに書き込むまでに @yosshi_
8:42 pm LT 3:Rancher’s New Mluti-Tenant Prometheus Support Yutaka Ichikawa (@cyberblack28)
8:48 pm LT 4: JKDv18.12でCFP採択までに考えたこと Ryoma Fujiwara (@RyoMa_0923)
8:54 pm スポンサーセッション Forkwell (Grooves Inc.)
9:00 pm ネットワーキング (Networking) 各自
9:50 pm 撤収開始 (Clean-up) 有志
10:00 pm 終了 (Door close)

本イベントは、Meetup.com 上のイベント ( http://www.meetup.com/Docker-Tokyo/ )と同じイベントになります。

This event is also announced at http://www.meetup.com/Docker-Tokyo/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2019/01/16(水)
18:30〜22:00
参加者
133人 / 定員133人
会場
日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンタ
東京都港区芝浦 3-4-1 (グランパークタワー34F)

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。