0→1 BUSINESS Method~グロースする新規事業はどのようなプロセスで生まれるのか?~

2019/02/19(火)19:00 〜 22:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
法人
抽選制 無料 71人 / 定員50人

※ 抽選結果は、2019/02/18 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

Alt text

概要

0→1 BUSINESS Method~グロースする新規ビジネスはどのようなプロセスでグロースするのか?~”とは?

イノベーションを起こし、新規事業を創出する。 ーー多くの企業がその必要性を認識し、目まぐるしく変化する環境を捉え、挑戦を続けています。

成功する事業はどのようなプロセスで生まれるのか? 生み出した事業を加速させるには何が必要なのか? 事業を創る誰もが、一度は悩み、試行錯誤の日々を過ごします。

そんな事業を創っていく未来のイノベ―ターに向け、 リクルートグループの一員として積み重ねてきたノウハウを元に、新規事業開発のビジネス・メソッドを大公開。

また試行錯誤を繰り返し挑戦を続ける、各業界の大企業イノベーター達と共に、グロースする新規事業のあり方・ユーザーが求める価値創造について考えるイベントです。

タイムスケジュール

【当日スケジュール】 18:30~ 受付開始
19:00〜19:05 ご挨拶
19:05~19:20 <基調講演>「モチベーション×アビリティ」から考える。リクルートの事業開発メソッド
19:20~19:40 <スピーチ> ユーザーの体験価値を極めた「Airレジ」から紐解く、強い事業の創り方
19:40~20:30 <パネルディスカッション>大企業イノベ―ターに聞く。グロースする事業開発の糸口とは?
20:30〜21:15 <懇親会> ネットワーキングパーティー

当日概要

●日時: 2019年2月19日(火)19:00~(受付開始18:30)
●場所:大手町SPACES
東京都千代田区大手町 1-6-1 大手町ビル1F
●アクセス:
丸の内線、千代田線、半蔵門線、東西線、三田線「大手町」駅直結 JR各線
(C7出口徒歩30秒※日比谷通り沿いに入口がございます。)
・新幹線「東京」駅徒歩8分

●お持ち物:名刺2枚以上 ※当日受付で頂戴致します。
●主催:株式会社ニジボックス

登壇者

Alt text

丸山 潤氏

株式会社ニジボックス
執行役員 オンラインサービス開発室 事業部長 UIUX制作室 室長

デザイン・フロントエンド技術者としてUI開発に深く携わる経験を経て、株式会社リクルートのインキュベーション部門Media Technology Lab.(現次世代事業開発室)に参画。入社後、UX開発組織のGMに就任。UX推進の一環として、国内の事業開発人材へのUXデザインプロセスの浸透・文化醸成を目的とし、4,000人規模のオープンコミュニティー「UX Sketch」の運営を行う。現在執行役員を務めるニジボックスでは、UIUX制作室の室長として海外競合調査やプロダクト開発支援を始めとした新しいUXソリューションの開発を推進。

Alt text

大宮 英紀氏

株式会社リクルートライフスタイル
ネットビジネス本部 グローバルソリューション事業ユニット ユニット長

エンジニアとしてキャリアをスタート。リクルートに転職後、「じゃらん」を担当したのち「ポンパレ」の立上げ及び事業拡大を経験。その後、「リクルートID・ポイント」担当を経て、2013年に「Airレジ」を立上げ、国内事業拡大を推進。現在は、SMB事業の海外展開を担う。

Alt text

池田 寛人氏

野村ホールディングス株式会社
金融イノベーション推進支援室 課長 株式会社N-Village CMO

慶應義塾大学総合政策学部卒 。2007年に野村證券入社後、営業や資本政策コンサルティング等を経験。 2016年に 野村HD・金融イノベーション推進支援室に着任後、アクセラレータープログラム「VOYAGER」(http://accelerator.nomura.co.jp/)、新規事業開発に特化した子会社N-Village(http://www.n-village.co.jp/)、非上場株式の管理ビジネス等の立上げに従事。

Alt text

佐々木 浩一氏

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
セールスアーキテクト本部 デジタルソリューション部 部長

1996年、新卒で某独立系SIerに入社。2000年よりニフティ勤務。Webサービスの黎明期より、ポータルサイト・モバイルサイトや、スマートフォンアプリのシステム開発を担当。2011年より、ニフティクラウドを担当。技術部門を経て、新規事業を担う部門の立上げ等を担当。2017年、ニフティの分社により「富士通クラウドテクノロジーズ(株)」に社名変更。ブランド名称も「ニフクラ」に。現在は、「ニフクラ」の付加価値を向上する、様々な周辺サービスの立上げ・運営に従事。

参加対象

・新規事業に関わるプロジェクトリーダー、メンバー
・イノベーション部門の責任者、リーダー、メンバー

参加費

無料

ロケーションスポンサー

日本リージャス

詳細はコチラから