日本のITに物申す・比較できる立場にいる外国人から

2019/03/15(金)19:00 〜 22:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
Attendees
先着順 無料 38人 / 定員55人

イベント内容

日本のITへの提案・比較できる立場にいる外国人から


概要

大好評をいただいているシリーズの第3弾は「日本のITに物申す」です。

前回の「ここが変だよ、日本のIT」では業界の様々な問題点についてディスカッションをしましたが、今回は「ソリューション」にフォーカスします。

毎度お馴染みのパネリストが独自の視点から日本のIT業界に提案したいことについての議論と質疑応答をメインとしたパネルディスカッション形式で行います。

前回の盛り上がりを是非とも今回も再現したく、皆様のご参加を心よりお待ちしています!

追記: 定員に達したため、枠を増加しました。 他のプラットホーム(meetup, connpass, facebook)からの応募を含め、 現在180人の応募があります。 是非ご参加ください!

参加費:無料

3月15日(木):19:00時~21:30時

会場: 株式会社メルカリ(Mercari,Inc.)


パネリスト

ダニエル・ヘフェルナン(Daniel Heffernan)

  • ストライプジャパン株式会社・代表取締役

ロッシェル・カップ (Rochelle Kopp)

  • Japan Intercultural Consulting・社長

Michael Omoto

  • メルカリ・エンジニアリングマネージャー

カニ・ムニダサ (Kani Munidasa)

  • Code Chrysalis 共同設立者&CEO


Code Chrysalisは東京にあるエンジニアを育てるためのシリコンバレー式のコーディング・ブートキャンプです。Code Chrysalis についてもっと知りたい方は:https://www.codechrysalis.io を見てみてください!

Instagram - https://www.instagram.com/codechrysalis

Twitter - https://www.twitter.com/codechrysalis

Blog - https://blog.codechrysalis.io/

Medium - http://medium.com/code-chrysalis

タイムスケジュール

時間 内容
19:15〜 受付開始
19:30〜21:30 Presentations + Discussion

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

登壇者名

ロッシェル・カップ (Rochelle Kopp)

Japan Intercultural Consulting・社長

人事管理と異文化理解を専門とする経営コンサルタント。日本企業の組織活性化とグローバル人材育成を支援しているジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創業者で社長を務める。全米中および日本で日系と外資系の多国籍企業に異文化研修を提供する。クライアントは、富士通、ヒルトン、日立、マイクロソフト、楽天、リコー、ソニー、トヨタ自動車など。 『英語の品格』、『反省しないアメリカ人をあつかう方法』や『シリコンバレーの英語』など25冊以上の日本語の著書を持つ。

登壇者名

ダニエル・ヘフェルナン(Daniel Heffernan)

ストライプジャパン株式会社・代表取締役

2014年に入社し、ストライプジャパンの立ち上げを担当。日本オフィスの代表として、これまで日本向け製品の開発や組織の拡大を行い、日本の事業を統括しています。ソフトウェア開発と日本に造詣が深く、18年間のプログラミング経験を持ち、15年前に日本語の勉強を始めました。Stripeに入社する前は、Cookpadでエンジニアを務めていました。東京大学にて情報理工学修士号を取得しています。

Stripeはスタートアップ企業からフォーチュン500の企業にいたるまで、世界中で何十万もの様々な企業との取引実績があります。フェイスブック、キックスターター、ツイッタ―、全日本空輸株式会社( ANA)等でStripeのプラットフォームが採用されており、様々なビジネスに活用されています。Stripeは常にインターネットコマースの最前線に位置し、マーケットの拡大に向けて、マーケットプレイスからソーシャルコマースに至るまで新しいビジネスモデルをサポートし、最新のプラットフォームを提供してきています。本日までにセコイア・キャピタル、キャピタルG、アンドリーセン・ホロウィッツ、Visa、アメリカン・エキスプレス、三井住友カード株式会社などから約7億米ドルの資金調達に成功しています。


登壇者名

Michael Omoto

メルカリ・エンジニアリングマネージャー

Michael Toshiro Omotoは、2006年にUC Irvine(専攻:認知心理学)を卒業後、英語教師として日本で4年のキャリアを積んだ後に、独学でプログラミングスキルを習得しました。2012年にシリコンバレーのスタートアップであるPresto社にて、エンジニア4名のチームに参画しました。2015年には、Director of Engineeringに昇格し、リーダーとして、多様なメンバーから成る30名のチームを牽引しました。

以前よりテック業界におけるダイバーシティ&インクルージョンの推進に携わっており、現在は特に次世代のテックバイリンガル(他業界にも深い知識を持つエンジニア)の育成に力を入れています。また、同時にボランティア活動として、プログラミングブートキャンプ(エンジニア育成プログラム)に仕事外の時間を充てています。

規模の大きいスタートアップにて、さらなるチャレンジをしたいという思いから、2018年に株式会社メルカリに入社し、初の海外から雇用されたマネージャーとして活躍しています。


登壇者名

カニ・ムニダサ (Kani Munidasa)

Code Chrysalis・共同設立者&CEO


EMC(現在はDell EMC)、Greenplum、Pivotal Labsのエグゼクティブとして、業界のリーダーがソフトウェアを構築する方法を変え、顧客の成功を推進。 さまざまな地域で、業界の壁を超えて事業の革新をサポート。日本生まれ、スリランカ育ちのカニは、東京農工大の機械工学科を卒業。専攻は機械システム工学。 日本とアメリカで18年働いた後、Pivotalを退職し、 教育にかける情熱を追求するためにHack Reactor に移る。2017年、サンフランシスコから東京に引っ越 し、Code Chrysalisを共同設立。

参加対象

日本のITに興味ある方

参加費

無料

ハッシュタグ

#codechrysalis #プログラミング #IT

関連するイベント