AIリバーシで学ぶ深層強化学習実装ハンズオン

参加枠申込形式参加費 参加者
参加
先着順 10,000円
現金支払い
0人 / 定員5人

イベント内容

AIリバーシで学ぶ深層強化学習実装ハンズオン

概要

2017年、コンピューター将棋ソフトとプロ棋士が対戦する「電王戦」で 佐藤天彦名人がPonanzaとの二連戦で完敗。

同年に囲碁の世界では、「大帝」「世界最強の棋士」と称される 中国の柯潔氏がAlphaGo(アルファ碁)との三連戦で完敗。

ディープラーニングを利用した「深層強化学習」による ソフトウェアの進化速度は関係者の想像をはるかに超えており、 各業界を中心に激震が走りました。

ディープラーニングを利用してソフトウェアが学習し 取るべき行動を決定する「深層強化学習」は、 もちろん囲碁や将棋といったゲームだけではなく、 作業効率化やロボット分野など産業界でも応用され、 研究開発が進められています。

今回のセミナーでは、リバーシ(オセロ)のゲームシステムを通じて、 深層強化学習における学習のしくみ、 行動決定のしくみを学んでいただきます。

進化し続けるディープラーニングの現状を知り、 新規事業のアイデアを生む糧としてください。

構成

・機械学習とは ・ディープラーニングとは ・深層強化学習( Deep Reinforcement Learning)について ・リバーシのしくみと実装(エキスパートシステム、Q学習、深層Q学習) ・質疑応答

対象者

・AI(人工知能)について概要を知りたい方 ・AIビジネスに興味がある方 ・強化学習のしくみを知りたい方

登壇者

早石 直広(はやいし なおひろ)

機械設計、電子回路設計、ソフトウェア開発、ファームウェア開発、FPGAを使った専用プロセッサ開発に10年以上の経験がある。計数技研の代表として、日頃はロボットを作っている。自分自身もしくは、自分自身が作ったシステムが火星に到達するための技術について研究している。

<経歴>
平成16年 株式会社ヴイストン 技術部
ロボットプロダクトプロジェクトマネージャー(〜平成19年)

平成19年 計数技研(現・株式会社計数技研)創業、ロボット開発に従事(在職中)

平成21年 財団法人大阪市都市型産業振興センター
ロボット事業プランナー(〜平成22年)

平成22年 財団法人大阪市都市型産業振興センター
技術アドバイザー(〜平成23年)

平成26年 大阪大学工学部電子情報工学科 非常勤講師(在職中)

平成27年 スリープウェル株式会社 主幹技師

平成28年 Mirai Innovation S.de R. L. de C. V. CTO(在職中)

平成29年 Digamo代表(在職中)

参加費

10,000円/名 

ハッシュタグ

#techplayjp