ブロックチェーンに関するシンポジウム&交流会

ブロックチェーンに関するシンポジウム&交流会

参加枠申込種別参加費定員
社会人枠
抽選制 3,240円
当日現金支払い
2人
大学生枠
抽選制 1,620円
当日現金支払い
1人
高校生枠
抽選制 無料 0人

※ 抽選結果は、2019/04/30 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

レッド・オーシャンを航れ!「ブロックチェーンに関するシンポジウム&交流会」

【主催】:一般社団法人サファイア青少年グローバル交流センター https://sapphire-tokyo.jp/ をご参照ください

開催に至るまで

このシンポジウムは、情報科学・情報工学を学ぶ学生のアイディアをもとに、一般社団法人サファイア青少年グローバル交流センターがデザインし、実施いたします。

ブロックチェーン技術は、通貨の分野において急速な進化を見せています。とは言え、経済性・実用性においてはいまだ「朝もや」の中にあります。今後、サプライチェーンや貿易・輸送に関わる食品・流通・運送業界、契約・決済に関わる不動産・旅行業界、広告業界、娯楽・ゲーム業界、医療・福祉業界など、さらには行政、教育まで発展可能性は広がります。

登壇者

【進行役】尾堂真一様(日本特殊陶業代表取締役会長兼社長)

①四方義啓様(名古屋大学名誉教授)

②才所敏明様(㈱IT企画代表取締役社長)

③深田 彰様(NECソリューションイノベータ株式会社ブロックチェーン技術センター長)          

④渡辺創太様(慶應義塾大学4年)

概要

ここでは、専門家、技術者、経営者が、様々な視点(ブロックチェーン先進国の歴史的観点、暗号学的観点、実用的観点など)から論じ、可能性を秘めたブロックチェーンについての知識を深め、その未来を考えます。

シンポジウム後の交流会にもぜひご参加ください。国内外のゲストからのメッセージも披露される予定です。

ブロックチェーンに関しての現状分析

【学生】ブロックチェーンを含めIT業界の人気が高まり、新技術に対して、興味のある学生も多い中、ブロックチェーン関連のイベントなども多く開かれており、そこに多数の学生が参加している。

【企業】ブロックチェーン業界に参入して、イノベーションを起こそうとする大手企業や、新しくブロックチェーンビジネスを開始するベンチャー企業が多い。その一方で、IT 人材の不足で、悩まされている側面も大きい。

そこから浮かび上がる問題点と課題

文化背景などさまざまな側面からブロックチェーン技術について学ぶ機会が少なく、応用に結びつかないことが課題だと考えます。 そのため、一企業、一教育機関だけではブロックチェーン技術の持つポテンシャルを引き出すことはできません。業界横断のプラットフォームを大きく組み替えるといったレベルの発想が必要です。ブロックチェーンとその先進国の歴史や、従来の暗号技術との関係などについて学ぶことも必要です。

シンポジウムおよび交流会参加による効果

学生にとっては、多角的に応用可能な知識を獲得できます。企業様にとっては、ブロックチェーンに関する知識だけでなく、情報技術を専攻する学生と接点を持つことができます。社会にとっては、ブロックチェーン業界に興味がある学生、その業界の最先端で働いている方、各業界で変革を求めている方とのコネクション・コミュニティができることで新たなものが生み出されます。

タイムスケジュール

2019年5月17日(金)

16:00~17:00 受付

17:00~17:05 開会挨拶 (主催者)

17:05~17:25 基調報告

17:30~19:30 シンポジウム

19:40~20:30 交流会

20:30 閉会挨拶

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。

※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

持ち物

社会人は名刺1枚、大学生・高校生は学生証
※ 受付時にご提示下さい。

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。何卒ご理解とご協力をお願い致します。
本イベントは終了しました

類似しているイベント