Ruby Hack Challenge Holiday #5

イベント内容

Ruby Hack Challenge Holiday

休日に Ruby をハックしよう!

2019 年は、試しに休日の午後、半日の Ruby Hack Challenge (RHC) をやってみようと思います。 好きなテーマで、Ruby をハックしてみてください。

Ruby コミッタの笹田と遠藤がサポートします。 講義形式では行いません。モクモク進めて頂いても良いですし、わからなければ気軽に質問してください。

テーマ一覧

(笹田、遠藤がサポートできそうなテーマを並べています)

  • Cookpad Ruby Hack Challenge を進めよう
  • Ruby 3 を試そう
    • Ruby 2.6 で導入された JIT compiler を試してみましょう
    • Ruby に型付けを行う Steep で、自分のアプリケーションを型付けしてみよう
    • Ruby 3 に導入されるらしい Guild の仕様を見ながら、並列スクリプトを書いてみよう(まだとても不完全な実装しかないので、空想上の処理系で動かす気持ちになろう)
  • Ruby 3 の開発を手伝おう
    • キーワード分離の世界をチェックしてみよう。Ruby 3 では、キーワード引数を他の引数と分離する(ハッシュオブジェクトがキーワードになったりならなかったりするのをやめよう)という提案があり、現在キーワード分離の影響範囲を特定しようと遠藤さんが頑張っています。遠藤さんを助けるために、実際に分離したらどうなるかを実コードをいじって確かめてみよう。
    • ブロックパラメータをチェックするパッチを試してみよう。Feature #15554 で、ブロックを使わないメソッドにブロックを渡すと警告、もしくは例外にする、というパッチが提案されています。今、笹田が影響範囲を調べているのですが、実コードを動かして、調べるのを手伝ってください。
  • Ruby のテスト環境を整備しよう
    • trunk (開発版)で有名 gem をテストする環境を整備しよう
    • tar ball でテストをする環境を整備しよう
    • all-ruby などに jruby などを対応させて、バージョン・処理系間の実行比較を簡単にしよう
    • git 対応しよう。Ruby リポジトリの svn から git への移行が計画されています。現在のテストツールは svn を前提としているので、git に対応させてみよう
  • 好きな Hack をしよう

コミュニケーションチャンネル

事前、開催中、事後のコミュニケーションチャンネルとして、 Gitter https://gitter.im/rubyhackchallenge/Lobby を用意しています。参加される方はご活用ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント