基幹システムだって、アジャイルにやってほしい

イベント内容

「基幹システムと、それが支えるコアビジネスに、アジリティを実現するためにはどうすればよいか?」
という問いに対し、アーキテクチャや開発体制、プロセスをご紹介した上で、参加される皆様からの経験も共有いただき、議論します。

さて、AI, IoT, マイクロサービス、Blockchain, VR/ARなど様々な新しいIT技術が用いられる中、
多くの企業にはいわゆる「基幹システム」と呼ばれるものがあり、中には20世紀から使われ続けているものもあるのではないでしょうか?
一方、業種を問わず、ビジネススピードは速くなる一方です。ある調査によると、
企業の経営層の7割以上が「古くからの技術が負債のように残ることが、イノベーションを妨げている」と考えていると言われています。 しかしながら、上と同じかそれ以上の割合で「旧来のシステムは、
それを保有する企業にとって欠かせない価値を持っている」と考えているともいわれています。
このため、単に「スクラップ&ビルド(=再構築)」すればよいというものではなく、
従来の基幹システムの価値を保ちながら、新しい技術を用いて、ビジネススピードの向上に貢献することが、IT技術者には求められます。

このセッションでは、いくつかの観点での手法や事例の共有をしたうえで、
参加者の皆様が日々感じている課題についてもお話しいただき、「私たちが、今後どのようにしてこの要求に応えていくことができるか?」について、
意見を交わしたいと考えております。

日時 内容
19:00~20:00 基幹システムだって、アジャイルにやってほしい
20:00~21:00 懇親会 

※ 当日予告なく時間配分が変更になる可能性がございます。

【参加対象】
・何らかのITの経験をお持ちの方
【持ち物】
筆記用具

【参加費】
無料

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

Rise UPの開発の現場

大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 6F MonotaRO大阪オフィス

19:30 〜21:30

Doorkeeper

9月 6 FRI