Lumion Competition Japan 2019 公開審査会 -Live-

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 58人 / 定員170人

イベント内容

Lumion Competition Japan 2019
公開審査会-Live-

概要

LUMION Competition Japan 2019 全応募作品31作品の中から選ばれるファイナリストをお迎えして、二次審査としてプレゼンテーションをしていただきます。当日は審査員の皆さまをお迎えしてリ

アルタイムに審査をして賞を決定していただきます。

Lumion Competition Japan 2019

概要ページ https://lumion3d.jp/competition2019/

コンペテーマ:"負の遺産"共有への架け橋

対象建築:ホテル+多目的商業施設

下記リンクより一次審査に応募された作品を掲載しています。
https://lumion3d.jp/competition2019/works/
応募総数:31作品

      

画像:対象敷地のあるエストニア-旧要塞監獄パタレイ敷地-

 

審査員:

一次審査通過作品

[全8作品]


N011 「topology」 神字 竜也氏
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=11




No12 「Wings for the future 未来への翼」 一入 正記氏 ヒトシオ・スペース・デザイン株式会社
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=12


No13 「Along with Patarei」佐野 翼氏 株式会社 日建設計
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=13


No14 「LOOTUSE SEINA」 平林 永里加氏、阮光 峻氏、大坪 元気氏 大成建設株式会社(チーム)
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=14


No21 「Vanus Tunnel」 河村 悠希氏、呉 偉氏、田淵 隆一氏 大成建設株式会社(チーム) 
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=21


No22 「Paralleelne sein」 須藤 悦秀氏、島田 滉大氏、下田麻穂氏、辰己 祐輔氏、花田 悠晟氏 株式会社 東急設計コンサルタント(チーム)  
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=22


No24 「Seina Nägu-対峙する壁-」 造士 航氏 株式会社熊谷組九州支店 
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=24


No28 「「Fiat lux」:「光が生まれますように」」 塩月 卓也氏、安藤 寿孝氏 株式会社竹中工務店(チーム) 
   
   詳細ページ:https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=28

特別講演

豊田 啓介氏
建築家
noiz architects 主宰(https://noizarchitects.com/
gloun 主宰(https://gluon.tokyo/

建築家。東京大学工学部建築学科卒業。1996-2000年安藤忠雄建築研究所。2002年コ ロンビア大学建築学部修士課程修了(AAD)。2002-2006年SHoP Architects(New York)。2007年より東京と台北をベースに、蔡佳萱と共同でnoizを主宰(2016年より 酒井康介もパートナー)。建築を軸にデジタル技術を応用したデザイン、インスタレ ーション、コンサルティングなどを国内外で行う。2017年より建築・都市文脈での テクノロジーベースのコンサルティングプラットフォームgluonを金田充弘、黒田哲 二と共同主宰。東京藝術大学芸術情報センター非常勤講師、慶応大学SFC環境情報学 部非常勤講師、情報科学芸術大学院大学 IAMAS非常勤講師。EXPO OSAKA/KANSAI 2025 招致会場計画アドバイザーほか

講演テーマ「建築の拡張する次元」



太田 明氏
デジプロ研 主宰( https://sites.google.com/dp-lab.jp/start
10年以上に渡り半導体製造装置メーカーにてエンジニア兼CADマネージャーをしながらシミュレーション技術開発を主導。数十種類のソフトウェア導入・立上げ・使用経験を活かし、現在は大小新旧業界を問わず様々な企業をソフトウェア中立の立場で支援。企業間のソフトウェア連携の調整役を務めることも多数。分野・業界を横断したソフトウェアの組み合わせとアナログ/デジタル・2D/3Dを混在した現実的なワークフロー構築が持ち味。
講演テーマ「InfraworksとLUMIONを使った大規模地形モデルの活用法」
LUMION単体では実現できないAutodesk Infraworksを使ったランドスケープのデザイン手法について、話していただきます。
OpenStreetMap機能を超えた新しいLUMIONの活用方法をご紹介いただきます。

↑Infraworks上で地形モデルを操作している様子

LUMIONユーザ事例 紹介

株式会社高松建設 下倉 聡史氏ほか 

   

  Lumionコンペ2019作品

  https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=29 

有限会社ATA企画 西鍛治 駿氏ほか

  

  Lumionコンペ2019作品 

  https://lumion3d.jp/competition2019/works/detail.php?pid=30

Lumion Competition Student 2019

Lumionコンペ初の学生限定CG映像コンペ。詳細は当日明らかになりますが、LUMIONという3DCGソフトの長所を活かしたこれまでとは一味違ったコンペになることでしょう。

コンペテーマ: Fantagy of Mongol / Fantagy of Japan

開催期間:2019 9.6〜10.31

主催:リビングCG、モンゴル日本建築デザイン協会

タイムスケジュール

時間

内容

12:30〜 開場
13:00〜13:05

挨拶

13:05〜13:50
特別講演「建築の拡張する次元」
豊田 啓介氏 (noiz architects 主宰)
13:50〜15:10
Lumion Competition Japan 2019
公開二次審査会
8社:9.5分間(プレゼン4分間/質疑4分間動画1.5分間)
15:10〜15:25 休憩
15:25〜15:45
特別講演「InfraworksとLUMIONを使った大規模地形モデルの活用法」
太田 明氏 (デジプロ研 主宰)
15:45〜16:05

LUMION認定資格制度について

16:05〜16:25
ユーザー事例講演(10分間 × 2社)
株式会社高松建設 下倉 聡史氏 ほか
有限会社ATA企画 西鍛治 駿氏 ほか
16:25〜16:40

休憩

16:40〜16:50

審査結果発表

16:50〜17:15

審査員講評(公開審査)

各審査員5分

17:15〜17:20

~モンゴル - 日本 建築デザイン協会 設立記念~

LUMION 学生Competition2019(告知)
応募期間:9月~10月末締切り

17:20〜17:50

協力企業様 紹介

全4社(レノボ・ジャパン株式会社、株式会社DELL、株式会社Too ほか)

17:50〜18:00

アンケート記入

18:00

閉会

18:00〜18:45

懇親会(軽食)

18:00〜18:30

LUMION初級講座(別室)

18:45

退場

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

参加対象

  • 設計士・建築関連業
  • 映像クリイター
  • デザイナー

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

持ち物

名刺1枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

お問い合わせ

lum@livingcg.jp

ハッシュタグ

#techplayjp