【増枠】awswakaran.​tokyo #2

イベント内容

awswakaran.tokyo とは?

アプリケーションエンジニアであれば、片手間で AWS を使うことや、「なんとなく」の理解のまま AWS でインフラを管理し続けてしまっているケースを見かけることや、自身がそうなってしまっているケースは度々見ることがあります。 S3 全公開や ECR 全公開……は流石に対処しているかたが多いかもしれませんが、「これで塞いだ気になっていた」とか「やった気になっていた」というケースや、 VPC や IAM の設定が大胆なものになってしまっていることは頻繁にあります。

awswakaran.tokyo は、そんな「なんとなく」で AWS を使っている中で踏んだ罠や事故を糧に、少しでも「ただ構築するだけ」より先のインフラ管理の方法論を共有する場を作りたいという思いで誕生しました。

「なんとなく」の理解からもう一歩進んだ、「よりよい」 AWS の使い方を、アプリケーションエンジニア/インフラエンジニア双方の立場から学ぶ場を目指し開催しています。

タイムテーブル

都合によりタイムテーブルが変更になる可能性があります。

時間 タイトル / 登壇者 (敬称略)
19:00~ 開場
19:30~ ご挨拶・会場注意
19:32~ スポンサートーク
19:40~ 「なんとなく」使うクラウドから「ちゃんと」使うクラウドへの入門 / 株式会社サイバーエージェント AI事業本部 @kuro_m88
20:00~ MySQL on ECS で節約しようと思った そのコンテナ化、本当に嬉しいですか? / @euxn23
20:10~ 休憩
20:20~ Amplify Console 誕生以来本番運用しつづけてわかったこと / @potato4d
20:30~ 大規模障害から見えたAWSのバックエンド / 株式会社ドリコムインフラストラクチャー部 @varusan
20:40~ Atlantis + Terraform で実現するAWSインフラGitOps(仮題) / かたいなか
21:00~ 解散(懇親会は各自で!)

参加費

無料

会場について

本イベントは、株式会社Drecom様のご提供より、開催させて頂きます。

  • 株式会社ドリコム (東京都目黒区下目黒1丁目8-1 アルコタワー17F) http://www.drecom.co.jp/company/
  • Amazon様の入口のある「アルコタワーANEX」ではなく「アルコタワー」です。
  • 目黒駅からお越しになる場合は、大円寺というお寺がある行人坂を下って頂くと間違いにくいです。
  • アルコタワーに入館した後、ファミリーマート向かって右側にある高層階用のエレベータに乗って17Fで降りてください。
  • 会場までの道のり

諸注意

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント