「会議を踊らせない」精度の高い要件定義手法RDRA

参加枠申込形式参加費 参加者
併設チュートリアル(9/12-13SQiP2019本会議に参加の場合)
先着順 5,400円
当日現金支払い
0人 / 定員30人
併設チュートリアル(9/12-13SQiP2019本会議に不参加の場合)
先着順 10,800円
当日現金支払い
0人 / 定員30人

イベント内容

「会議を踊らせない」精度の高い要件定義手法RDRA 

神崎 善司   /  株式会社バリューソース 代表取締役社長

概要

精度の悪い要件定義はプロジェクト失敗の大きな要因です。

「会議は紛糾するするばかりで一向に要件が決まらない」

「細かい機能説明ばかりで何がしたいか分からない」

「そもそも要件定義は何を定義するの?」

素早く精度の高い要件定義は基本的な原則と簡単なモデリングの手法を理解すれば実現できます。要件を可視化し素早く合意をとり、それを積み上げることで効率的に要件定義が可能になり、会議も紛糾することなくスムーズに進みます。

本チュートリアルでは、要件定義手法RDRA(ラドラ)を初心者の方にもわかるように、実際の定義の様子をデモで示しながら要件定義の基本原則をご紹介します。

要件定義の方法を知りたい方、システムの可視化に興味のある方。混乱なく要件定義を進めたいか方にお勧めします。

※当日、Microsoft Officeが入ったPCを持参された方は、プレゼンのデモを配布するのでご自身で実際に試すことができます。


今話題のテーマ、一流講師の講座を「SQiP2019」本会議ご参加の方は「5,400円(税込)」で聴講できる!基本の本質を学び、見つめ直す場をご提供します。

「ソフトウェア品質シンポジウム2019(SQiP2019)」本会議の前日(911日(水)に今年も「併設チュートリアル」を実施します。
各テーマの一流講師陣による半日のチュートリアルを非常に安価に受講することができる名物企画です。
今年はテーマ選定にあたっては、近年の「ソフトウェア品質シンポジウム」で取り上げた話題、参加者の皆様の関心が高いテーマを中心に9テーマ取り上げました。 
どのテーマも参加いただいた皆様に現場に持ち帰り役立てていただける内容です。詳細テーマ、講師はシンポジウムWebサイトでご確認ください。

「ソフトウェア品質シンポジウム2019」はソフトウェア品質に関する実践的な技術・経験・研究成果を共有し、意見交換を行う場で、ソフトウェア品質に関する国内最大級のカンファレンスです。特に今回は、コマツのデジタルトランスフォーメーション・四家 千佳史執行役員のご講演、「IoTの父」世界的権威・坂村健氏が語る「IoTの次のステップ」、デジタルトランスフォーメーション時代におけるソフトウェア開発と品質保証のあり方をテーマに産・官・学のメンバーがパネル討論を実施するほか、人工知能の現在・過去・未来を人工知能学会浦本会長がご講演、日本発の国際規格IEC 62853の概要と実践事例の講演、車載組込みシステムの動向と課題を名古屋大学の高田教授が講演するなど、先進企業の取り組み事例が一堂に集結します。
ソフトウェア品質シンポジウム2019・Webサイトはこちら https://www.juse.jp/sqip/symposium/

本イベントは終了しました

類似しているイベント