IoTハンズオン応用編 : 赤外線リモコンの受信、送信、外出先から操作

イベント内容

開催概要

  • 日時  : 2019年9月8日(日) 14:00〜17:00
  • 場所  : ギークオフィス恵比寿 (東京都渋谷区恵比寿4-7-6 KTビル3F)
  • 参加費 : 3,000円(当日現金でお支払いください、お釣りの必要のないようにお願いします)
  • 持ち物:ノートPC [Mac (El Capitan以降) あるいは Windows (Windows7 以降)]
    (USB端子がtype-cしかない場合は標準サイズが接続できるアダプタもご持参ください)

対象者

ソフトウェアエンジニアがIoTに入門するためのハンズオンです。参加に必要なスキルは

  • なんらかのプログラミング言語を使ったことがある
  • PCへの開発環境のインストールや、エディタでのプログラムの変更ができる

です。

ハンズオンの内容

Arduinoの開発環境(IDE)でプログラミングできるIoTボード(ESP WROOM-02)を使って、下記の回路を組み立ててプログラムの動作を確認します。

  • 赤外線リモコンの通信を受信してデータを解析
  • 受信したデータを赤外線LEDで送信
  • ESP WROOM-02上でWebサーバを動作させ、ブラウザから赤外線の送信を制御
  • クラウド上のMQTTブローカーと連携し、外出先から赤外線リモコン信号を送信

ハンズオンに必要なIoT機器は主催者から貸し出します。主な機器は下記のとおりです。

  • IoTボード ESP-WROOM-02 ( スイッチサイエンス ESPr Developer )
  • 赤外線受信素子、赤外線LED
  • 赤外線リモコンで操作する機器(LEDキャンドルライト+赤外線リモコン)
  • トランジスタ
  • ブレッドボード
  • ジャンパーケーブル
  • 電源&通信用USBケーブル(micro<->標準)
    [注:標準サイズUSB以外の端子(例えばtype-c)が付いたPCをお使いの方は、標準サイズへのアダプタを持参してください。]

タイムテーブル

時間 内容
13:30-14:00 受付
14:00-14:15 イントロダクション(講義)
IoTの概要と、このハンズオンがカバーする範囲について説明します。
14:15-16:45 ハンズオン(実習)
例題の回路を順番にブレッドボード上に組み、プログラムの動作を確認します。
16:45-17:00 関連トピックス(講義)
時間の許す範囲で最近話題のIoTボード(M5Stack, obnizなど)やクラウドサービスを紹介します。

事前準備

PCに開発環境をインストールしておいてください。インストール作業は 2段階 あります。

  1. Arduino IDE(ver.1.8以降)のインストール
  2. ESP8266のボードマネージャのインストールとパラメータ設定

Arduino IDEの現在の最新版はver.1.8.9です。既にArduino IDEをインストールされている方は、Ver.1.8.0以降であるかチェックしてください。古いバージョンの場合は最新版をインストールしなおしてください。また、ESP8266ボードマネージャのインストールとパラメータの設定も行なってください。

インストールと設定方法はこちらに記載しています。

注意事項

  • 会場まではJR恵比寿駅東口から徒歩5分ですが少し迷いやすいです。
  • 写真による会場までの道順を参照して気をつけてお越しください。
  • 建物の外観

建物の外観

  • 飲み物など必要であればご持参ください。
  • 会場到着されたら、扉に向かって右側にある呼び鈴を鳴らしてください。

参考

IoT Gym主催の他のハンズオン

赤外線リモコン以外にも、下記のハンズオンを月1回のペースで開催しています。開催予定はConnpassのIoT-Gymグループに掲載しています。

  • IoTハンズオン基礎編:LチカからCloud連携まで 
  • JavaScriptでプログラミングできる「obniz」でIoT入門

IoT Gymサイト

事前準備方法やCloudサービス利用方法を記載しています。

https://poche.xsrv.jp/iot-gym/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント