「音楽×テクノロジー」 - sight update session エンジニアへのラブコール -

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
抽選制 無料 197人 / 定員150人

※ 抽選結果は、2019/12/13 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

「音楽×テクノロジー」
- sight update session エンジニアへのラブコール -

概要

インターネットの発展により、新しいサービスやプロダクトがたくさん生まれ、IoTにより様々な業界にテクノロジーが持ち込まれ、5Gではこれまでは難しかったようなコンテンツの表現を多くの人に届けることができるようになりつつあります。

それぞれのカテゴリーにテクノロジーを掛け合わせた未来はどうなっていくのかを想像しながら、これからの時代を生きる上でテクノロジーとどう向き合っていくべきなのか、テクノロジーの進化に私たちに必要な要素やスキルは何なのか、エンジニアをリスペクトする業界トップランナーが解説していきます。

登壇者からのエンジニアへのエールやラブコールをたっぷり受け取って下さい!!

(企画:株式会社HEART CATCH)

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜 受付開始
19:30〜19:40 オープニング
19:40〜20:30 トークセッション
「音楽×テクノロジー」
20:30〜20:45 質疑応答
20:45〜20:50 アンケート回答
20:50〜21:20 懇親会

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

亀田誠治
亀田 誠治
音楽プロデューサー・ベーシスト
1964年生まれ音楽プロデューサー・ベーシスト。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、エレファントカシマシ、大原櫻子、GLIM SPANKY、山本彩、石川さゆり、東京スカパラダイスオーケストラ、MISIAなど数多くのプロデュース、アレンジを手がける。2004年に椎名林檎らと東京事変を結成し、2012年閏日に解散。2007年第49回、2015年第57回の日本レコード大賞では編曲賞を受賞。近年はJ-POPの魅力を解説する音楽教養番組『亀田音楽専門学校(Eテレ)』シリーズが大きな反響を呼んだ。今年2019年6月1,2日に自身のプロデュースによるフリーイベント「日比谷音楽祭」を東京・日比谷公園一帯で2日間開催。これまでにない新しい音楽祭に、2日間で延べ約10万人が来場した。2020年も5月30,31日に開催が決定している。
及川卓也
及川 卓也
Tably株式会社 代表取締役 Technology Enabler
早稲田大学理工学部を卒業後、日本DECに就職。営業サポート、ソフトウエア開発、研究開発に従事し、1997年からはマイクロソフトでWindows製品の開発に携わる。2006年以降は、GoogleにてWeb検索のプロダクトマネジメントやChromeのエンジニアリングマネジメントなどを行う。その後、スタートアップを経て、独立。2019年1月、テクノロジーにより企業や社会の変革を支援するTably株式会社を設立。

参加対象

・エンジニア

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。

持ち物

・名刺1枚(※受付時にお出しください。)

参加費

無料

ハッシュタグ

#sight

sight」とは

転職サービス「doda」とシステムインテグレーター「Sky」と「TECH PLAY」がともにエンジニアのキャリアを支援するプロジェクト「PROJECT Next TECH」の一貫として運営しているWebマガジンです。
IT業界の著名人へのインタビューコンテンツや、話題の技術をわかりやすく紹介するマンガ記事、その道のプロフェッショナルを招いたトークセッションや、プロジェクトマネジメントを実践的に身につけるワークショップ等を実施していきます。

類似しているイベント