Teams Hackathon Vol.1

イベント内容

Teams Hackathon Vol.1

この夏にMicrosoft TeamsのDAU(Daily Active User)は1,300万人を超え、エミレーツ航空、FedEx、Lexmarkなど、全世界のお客様のチームワークを支援していることが発表されました。日本においてもNTTコミュニケーションズ、リコー、三井物産、倉敷総合病院、戸田市立戸田東小学校など様々業界での利用が始まっています。

弊社のCEO、Satya Nadella(サティア・ナデラ)はTeamsを「新しいOS」と表現しました。その真意はTeamsをプラットフォームとして、自由にアプリやサービスを展開できることにあります。そこで、Teamsのプラットフォームとしての魅力と実際に開発できることをご体感いただくべく、Teamsアプリを開発するハッカソンを企画致しました。

当日は日本人のエンジニア以外にも、開発チームからエンジニアが来日し、技術上のあらゆるご質問に対応できる体制を整えています。日本のマーケティング担当者も参加しますので、戦略上のご質問にもお答えできます。この機会にぜひご参加下さい。

12月2日(月) 10:00-18:00

時間 アジェンダ
9:30 受付開始
10:00-11:00 Teamsという開発プラットフォームについて
11:00-12:00 アプリのビジネス シナリオの確認
12:00-13:00 ランチ
13:00-17:30 コーディングタイム!
17:30-17:45 ラップアップ

12月3日(火) 10:00-18:00

時間 アジェンダ
9:30 受付開始
10:00-12:00 コーディングタイム!
12:00-13:00 ランチ
13:00-17:30 コーディングタイム!
17:30-17:45 ラップアップ

12月4日(水) 10:00-17:00

時間 アジェンダ
9:30 受付開始
10:00-12:00 コーディングタイム!
12:00-13:00 ランチ
13:00-15:00 コーディングタイム!
15:00-17:30 成果発表
17:30-17:45 ラップアップ

場所:〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-5 リードシー代官山 2F セミナールーム (代官山駅北口より徒歩1分)

参加対象者

  • Teamsアプリ開発を検討している方、興味のある方
  • 競合を含むビジネスチャットツール上でアプリの展開・検討をしている方
  • AzureのサービスをTeamsで利用してみたい方

参加人数:30名

参加費:無料

持ち物:開発や発表で使用するPC(アプリの検証や展開に利用するOffice 365 テナントはご用意ください。Visual Studioを始めとする開発環境やAzure サブスクリプションは必要に応じてご用意ください。Wi-Fiアクセスポイントは会場にございます)

Microsoft Corporation参加者

  • 米田 郁子(エンジニア)
  • 廣瀬 純(エンジニア)
  • Surbhi Jain(エンジニア) *通訳がおりますので、日本語でコミュニケーションできます。

日本マイクロソフト参加者

  • 春日井良隆(マーケティング)

主催:日本マイクロソフト株式会社

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

AutoML ハンズオン

東京都港区港南 2-16-3 日本マイクロソフト株式会社

13:00 〜18:00

connpass

12月 12 THU