グローバルオープンイノベーションが拓く新ビジネス創出セミナー2019 -共創は世界ステージへ-

イベント内容

パンフレットのダウンロード(PDF)はこちら

グローバルオープンイノベーションが拓く

新ビジネス創出セミナー2019

開催概要

オープンイノベーションのあり方は、オープンイノベーション2.0や国際標準化されたイノベーション・マネジメント・システム(IMS)を代表に更なる進化を遂げつつありますが、大きく注目される潮流がグローバルオープンイノベーションです。 

世界をまたがる大企業-スタートアップ-アクセラレータ-VC-政府機関等とのグローバルアライアンスやビジネス展開、日本の技術を活用した海外の課題解決、イノベーション・テックという新たな手法の確立など、急速な広がりが進んでいます。その広がりを支えるグローバルイノベーションハブともいえる組織の取組が活発です。

 本セミナーでは、国内および海外にわたるグローバルオープンイノベーションを推進する取組・スキーム・連携事例等について8件講演を行い、多様な連携を促進することにより、新しいビジネスの創出を目指します。

【定員】 200名(先着順)

※港区内・区外の企業・大学・公的機関・NPO・自治体・個人等を含めて幅広くご参加可能です。

タイムスケジュール

<1> 13:00~13:30

「科学的なアプローチからイノベーションを創出するイノベーションテックコンソーシアム」

VISITS Technologies株式会社 Executive Director 井上 友貴

トヨタ自動車、パナソニック、ANA、三菱UFJ銀行といった大手企業に加え、内閣府、文部科学省、経済産業省等の官公庁が参画し、イノベーションテックを用いたアイデア創造によるオープンイノベーションの推進、デザイン思考テストの実施、海外企業・スタートアップとの交流、各種イノベーションテックの研究成果報告などを定期的に実施。イノベーションテックという新領域を世界に発信する。

 

<2> 13:30~13:55

日本と中国の国境を越えたオープンイノベーション

ホワイトホール株式会社 代表取締役 白井 良

アジア各都市(深セン、バンガロール、ダナン、香港、台湾)を中心に、クロスボーダー・オープンイノベーションイベントを精力的に開催している。国境を越えて企業と企業を繋ぎ、協業や資本提携などによる新事業開発をサポート。プロジェクトを世界で展開したい世界の企業と協業、提携、M&Aなどのニーズにお応えすべく活動している。

 

<3> 13:55~14:25

シリコンバレーの生態系と日本企業のオープンイノベーション

Ishin group グローバルスタートアップアクセス事業部 日本オフィス 代表 伊田 健一

Ishin Groupは日本、米国、シンガポール、イスラエル、インドで事業を展開するメディアカンパニー。グローバルではシリコンバレーをはじめとした世界のスタートアップを取材するメディア「TECHBLITZ」を運営。スタンフォード大学と共に600名規模の日米BizDevサミットを開催するなど、コラボレーション支援も行なっている。

 

<4> 14:25~14:55

「Monozukuri」で世界中のスタートアップとの架け橋に

株式会社Darma Tech Labs CEO&Co-Founder 牧野 成将

2015年8月、京都試作ネット等の日本の中小企業と連携したハードウェアスタートアップの試作支援「Makers Boot Camp」を行う株式会社Darma Tech Labsを創業。2017年7月にハードウェア/IoTスタートアップの試作と投資を行う国内初のファンド「MBC Shisakuファンド(20億円強)」を設立して国内外のハードウェアスタートアップに投資を行う。

 

<休憩> 14:55~15:10

<5> 15:10~15:35

フランス発のグローバルなオープンイノベーションの気運・手法

Agorize Japan 代表 中澤 亮太

フランス発のグローバル・オープンイノベーションプラットフォーム。企業のオープンイノベーション活動に対して、SaaSとグローバルコミュニティを提供し、効果最大化・効率化。日本企業を含む250以上の大企業のイノベーション活動のほか、世界最大級のオープンイノベーションカンファレンスVIVATECHや、アジア最大級のスタートアップイベントSlingshot等を支援。

 

<6> 15:35~16:00

日本とのオープンイノベーションによるアフリカの社会課題の解決に向けて

独立行政法人国立研究機構(JICA) アフリカ部 次長 若林 基治

AI・IoT・ブロックチェーンなどのテクノロジーによるイノベーションが次々と生まれているアフリカで、イノベーティブな技術・アイデアの共創による各国の社会課題解決を目指している。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ナイジェリアのアフリカ4か国及び日本国内で関連プログラムを実施。

 

<7> 16:00~16:30

オープンイノベーション大国イスラエルの魅力

Aniwo株式会社 Head of Japan, 執行役員 事業開発担当 松山 英嗣

イスラエルで初のVC backed日本人創業スタートアップとして2014年に設立。イスラエル企業6,000社以上を収録するスタートアップデータベース『Million Times』を軸に、日本企業に向けた幅広い領域でのリサーチやコンサルティングをはじめ、イスラエルスタートアップが開発したプロダクトの日本市場進出のサポートや両国間の知見・技術交流を促進する国境を超えた人材育成事業を手がける。2016年より第二電電(現KDDI)、Y-mobile創業者千本倖生氏を顧問に迎え、経営戦略強化を実施。

 

<8> 16:30~17:00

SAMURAI GLOBAL OPEN INNOVATION PLATFORM

株式会社サムライインキュベート 執行役員 Enterprise Group 成瀬 功一

日本・イスラエル・アフリカに拠点を持ち、中国やアメリカ等グローバルで連携を進める日本発のグローバルベンチャーキャピタル兼アクセラレーター。投資ファンドを運用し、国内外の起業家へシード出資・成長支援をするほか、グローバル横断で日本企業のオープンイノベーションを伴走支援する。日本を代表するインキュベーターとして『できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える』の理念を掲げ、グローバルでの積極的な活動を展開している。

 

※終了後、交流会

主催/港区 担当/産業・地域振興支援部 産業振興課 03(3578)2553

企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)

協力/芝信用金庫、さわやか信用金庫

持ち物

名刺1枚
※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

セミナー:無料 交流会:1,000円

お申込み方法

お電話にてお申込みくださいませ。

【申込期間】2019年11月21日(木)~12月5日(木)
【電話番号】みなとコール 03(5472)3710
【受付時間】9:00~17:00

申し込む<Tel.03-5472-3710>

類似しているイベント

BlendxJP4

東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F TECH PLAY SHIBUYA

12:00 〜19:30

12月 15 SUN