【AIに関心がある方歓迎】「Pepper」の感情エンジンを生み出した研究者光吉先生の特別AI講座

参加枠申込形式参加費 参加者
勉強会
抽選制 無料 7人 / 定員15人

イベント内容

「Pepper」の感情エンジンを生み出した

研究者光吉先生の特別AI講座

AIスペシャリストによる二歩先を行くフューチャーアカデミ

イベント概要

「AIの知見を深めるチャンスです!」

グリッドは、AI技術を用いて社会インフラ事業分野に貢献しようとしているベンチャー企業です。社会にある様々な課題はとても複雑で規模が大きく、日々チャレンジし続けています。

今回のイベントは、グリッド社内のみならず、AI業界でご活躍されている方、またAIにご関心を抱いている方と共に学びの場を設け、活発な交流をすることでAI業界全体を盛り上げていきたいと思い企画致しました。

さらにAI専門家として、第一線でご活躍されている光吉俊二先生をお招きし、様々な視点でAIについて話し合いたいと思います。是非たくさんのお申し込みをお待ちしております。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30〜 受付開始
19:00〜19:05 挨拶・イベント目的と流れ案内
19:05〜19:10 会社・参加者紹介
19:10〜20:40

講演 道徳感情数理工学とAI

東京大学 特任准教授 光吉俊二先生

道徳感情数理工学の研究者!専門は、音声感情認識技術、人工自我技術。独自のニューラルネットワークを駆使し「Pepper」の感情エンジンを生み出した技術者でもあります。新しい知見と事例に触れることができます!

20:40〜21:00 質疑応答・フリーディスカッション
21:00〜21:05 お知らせ・クロージング
21:05〜21:45 懇親会 講演者、参加者のネットワーキングの場として懇親会を開催致します。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

光吉先生

光吉俊二先生

京大学 大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻

道徳感情数理工学社会連携講座 特任准教授

1965年 札幌市生まれ

1998年 多摩美術大学 美術学部彫刻科 卒業

2006年 徳島大学大学院 工学研究科 博士後期課程修了

(スタンフォード大学 客員科学者 [2003~2004年], MITスローン経営学大学院のエドガー・H・シャイン教授に師事)

2009~2010年 慶應義塾大学 主席研究員(訪問)

2009~2014年 東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻 非常勤講師

2014~2017年 東京大学 大学院医学系研究科 音声病態分析学講座 特任講師

2017年11月~ 現職

■ 彫刻・建築家としてJR羽犬塚駅前彫刻や法務省の赤レンガ庁舎の設計などをしてきたが、独学でCG・コンピューターサイエンス・数学を学び、音声感情認識STの原理とアルゴリズム・特許を取得する。その後、工学博士号を取得し、スタンフォード大学・慶應大学・東京大学で研究する。 極真館(フルコンタクト空手六段)役員、征武道格闘空手 師範

■ 著書 ・「ロボットの感情認識から「ココロ」「自我の創発」まで」第3項, 第3章 ココロ 『パートナーロボット資料集成』 エヌ・ティー・エス (2005). ・「感情の認識 ~音声による感情と病態の分析(「音声病態分析学」からの視点)~」 第2編 音声認識, 第4章, 『進化するヒトと機械の音声コミュニケーション』 エヌ・ティー・エス (2015). ・「音声分析による感情推定と音声感情認識ST (Sensibility Technology)」【第II編 計測・解析】 第3章, 『IoHを指向する感情・思考センシング技術』 シーエムシー出版 (2019).

 

参加対象

・AIを学び始めた方

・AI業界に関心がある方

・AIエンジニアと交流してみたい方

・AIビジネスに興味がある方

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。

参加費

無料

注意事項

・イベント当日は、イベント受付を設置しますので、受付をお願いします。受付のためにお名刺2枚をお持ちください。

・イベント内における営業活動および採用活動を禁止します。

・当日撮影した素材は雑誌やウェブサイトなどで使用される場合がありますのでご了承ください。

・タイムテーブル、スピーカー、開始・終了時間については予告なく変更が生じる場合がございますのでご了承ください。

・ご提供いただいた個人情報については、株式会社グリッドに提供されます。株式会社グリッドは、同社の個人情報保護方針に従い、イベント、セミナー等のご案内を差し上げることがございます。(https://gridpredict.jp/privacy-policy/)

・当日イベントにマスコミの取材が入る可能性があります。

 

本イベントは終了しました

類似しているイベント