医療リアルワールドデータ活用人材育成事業 第4回公開講義

イベント内容

[医療リアルワールドデータ活用人材育成事業について]

医療現場から創出される大規模な医療リアルワールドデータに対し、高い専門性を持って分析を行うための実践的技術・知識の修得を目指す教育コースが始まります。この人材育成事業は2019年度の文部科学省の医療データ人材育成事業に、東京大学が代表校となって応募し採択されたもので、現在2020年度の講義開講に向けて準備を進めています。
HP: https://www.med-rwd.jp/
twitter: https://twitter.com/med_rwd
facebook:https://www.facebook.com/medrwd/     

[公開講義について]

本事業の公開講義は来年度から始まる本講義のプレ講義となります。参加費は無料で、どなたでもご応募できます。なお、会場の定員を超える応募があった場合は抽選とさせていただきます。抽選に漏れた場合、応募いただいた方にはYouTube生配信の限定公開URLを開始直前にお送りいたしますので、そちらでの視聴をお願いいたします。また、公開講義参加予定の方で、YouTube配信への切り替えをご希望される方は、公開講義受講を一度キャンセルし、改めてYouTube配信へのご応募をお願い致します。

本公開講義の質疑応答では、現場での質問に加えて、ハッシュタグ#med_rwdにてtwitterで質問していただければ、そのうちの一部を教員が抜粋し、直接講師の方に質問いたします。YouTube配信でご参加の方もぜひご質問をよろしくお願いいたします。

※YouTube配信につきましては、本事業の教員が試験的に行うものであるため、状況によっては配信状態が不安定となる可能性もございますのでご了承ください。

※配信される講義・講演自体の著作権は、講演者に帰属します。

※配信される動画の録画、再配布はおやめください。

※YouTube配信ですが、生配信のみとなりますので、アーカイブ視聴は対応しておりません。

[受講後アンケートについて]

次年度から始まる本事業のプログラムに生かすため、直接の受講またはYouTubeによる受講のいずれの方も、受講後アンケートの記入をお願いいたします。受講後アンケートは、講義後に別途Googleフォームにてご案内いたします。
受講後アンケートにご回答いただいた方には、皆様がお申し込み時にConnpass上でご記入いただいたアンケートの「あなたが読んで他人に推薦したい医療データ関連の書籍・論文」のアンケート結果をリスト化してお送りいたします。
受講後アンケートはConnpass上の申込み時アンケートとは異なりますのでご注意ください。

※参加申込み時アンケート結果の項目「あなたが読んで他人に推薦したい書籍/論文とそれを選んだ理由」の内容につきましては、受講後アンケートをご回答いただいた方に、参加者全員分の結果をリスト化してお送りいたします。お送りするリストは「あなたが読んで他人に推薦したい書籍/論文とそれを選んだ理由」以外の情報は全て削除したものになります。なお、参加申込み時アンケートのご記入時には「あなたが読んで他人に推薦したい書籍/論文とそれを選んだ理由」の項目部分に個人情報を含まないようご注意ください。
参加申込み時アンケート・受講後アンケートにご記入のその他の情報は、医療リアルワールドデータ活用人材育成事業でのみ使用します。

[アジェンダ](*当初の予定から、順番が変更となっております。)

18時00分-19時00分(講義45分 質疑応答15分)「リアルワールド医療データの利活用の動向と課題」
講師:大江 和彦 先生(東京大学大学院 医学系研究科社会医学専攻 医療情報学分野 教授)
【概要】 電子カルテの普及により臨床現場でのリアルワールド医療データの電子的記録と蓄積が進んでいるが、データの標準化や品質管理面でまだまだ多くの課題もある。一方で、このデータを多施設ビッグデータとして研究開発に活用するプロジェクトがいくつも実施されており、人工知能(AI)システムの開発や医学知見発見への貢献も期待されている。本講義ではこうしたデータ収集とデータ活用状況とそこに内在する課題を、医療でのAI開発への利用の視点も含めて説明する。 最後に今シリーズのまとめと来年度の講義開講について少し時間をいただいて情報提供を行う。

19時00分-20時00分(講義45分 質疑応答15分)「健康の社会的決定要因―国民健康保険特定健診結果による健康ハザードマップの作成―」
講師:関根 道和 先生(富山大学大学院 医学薬学研究部 疫学・健康政策学講座 教授)
【概要】 個人や集団の健康状態は、社会的に決定される。そこで、メタボリック症候群や望ましくない生活習慣の地理的分布状況(健康ハザードマップ)を、富山県国民健康保険特定健診の約8万人のデータから作成したので紹介する。

[参加対象者]

本公開講義はどのような方でも受講することは可能です。ただし、申し込み時のアンケート内容を抽選時に考慮する可能性がありますのでご了承ください。また、来年度から開始される本事業の講義で対象とする受講者は、医師・歯科医師・薬剤師・看護師などの医療従事者と、医療機関外で医療関連データ解析の経験を有する方となりますのでご了承ください。

会場の規模の関係上、定員を120人とさせていただいております。定員を超えた場合は、抽選となりますのでご了承ください。なお、抽選に漏れた場合はYouTube限定公開URLをお送りいたしますので、公開講義参加者として応募いただいた方は、重複してYouTube配信希望者として応募いただく必要はございません。

※抽選結果に関しまして、connpassではキャンセルが出次第の繰り上げ当選となっております。connpass上でご自身の順位を確認いただければと存じます。また、繰り上げ当選時はconnpass上からメールが届くようになっておりますので、各自ご確認ください。

[参加費]

無料

[開場]

2019年1月14日(火)17時30分より開場いたします。入場時にはConnpassの受付票を確認させていただきますので、印刷したものをお持ちいただくか、スマホなどでご提示いただきますようお願い申し上げます。 なお、南研究棟正面の入り口は閉鎖されておりますので、当日は正面から建物の左手に回っていただき、コーヒーショップの入り口からお入りください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。