【電子デバイスGGJ直前!】Unity+M5StickC連携ハンズオン!

イベント内容

■概要

みんな大好きM5StickCをI/Oデバイスにして、ゲーム統合環境Unityに入出力を渡す方法を勉強します!

・入力例:M5のスイッチ押したら、PCのキャラクターが動く

・出力例:PCのスペースキーを押したら、M5のLEDが光る。

※もちろんM5Stackの参加も大歓迎!

■持ち物

①ノートPC(windows 10)or Macbook

②M5StickC

https://www.switch-science.com/catalog/5517/

※数に限りがありますが、貸出もできます!

※M5Stackでも大丈夫!

https://www.switch-science.com/catalog/3648/

【ご注意】開発環境の事前インストールについて

予め開発環境①②のインストールをお願いいたします。

①Unity (Ver 2019.2.xx)

②arduinoIDE (Ver 1.8.10)

※開発環境がインストールされた状態を想定してハンズオンを開始いたします。  開発環境がインストールされてない場合は、ハンズオンに参加ができない場合もございますので、予めご了承ください。

■開発環境

開発環境は下記①②を使用します。 事前のダウンロードをお願いいたします。

①ゲーム開発統合環境「Unity」

https://unity3d.com/jp/get-unity/download

※Unityバージョンは、”2019.2.xx”を使用します。

※インストールはUnity hub利用を推奨します。

https://www.youtube.com/watch?v=BWoLqxWhHUw&fbclid=IwAR0XQZBNPCSCs6Vrt4RxwETGHp72skwKkh1h6Rb4e85b6GuHF-YZ9wUqiE8

※追加モジュールは特に必要ありません。(お好みで入れてください。後で追加もできます。)

②arduinoIDE

M5StickC向け開発環境構築は下記URLをご参照ください。 https://docs.m5stack.com/#/ja/quick_start/m5stickc/m5stickc_quick_start_with_arduino_Windows

※arduinoIDEバージョンは、"1.8.10"を使用します。

■スケジュール

13:00 開場

13:15 勉強会開始(白井圧先生)

14:30 勉強会終了~もくもく会開始

16:30 もくもく会終了

17:00 閉場

■電子デバイスGlobal Game Jam 2020について

いよいよ今月末ですね!

準備は万端ですか?

使うデバイス決めましたか?

とりま、M5StickCを使えばいろいろつぶしが効くので、予習しておきましょー!

・Unityの使い方忘れたので思い出したい。

・家に積みM5StickCがある。

「電子デバイスGGJ」のConnpassページはコチラ!

https://sohlab.connpass.com/event/156822/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント