Kubernetes Meetup Tokyo #28

イベント内容

2020/2/14 19:02

残念ながら、新型コロナウイルスに影響により2月26日の開催を中止させるを得なくなりました。

抽選で枠が少ないなか当選されて参加を楽しみにされていた方には開催を中止することになってしまい申し訳ありません。また開催できるような状況になりましたら、今回発表予定だった登壇者さまに発表いただける場所を用意します。その際には、本日2/14 19時時点で一般枠で参加予定だったみなさまを優先して参加いただけるように対応いたします(3月開催予定の会とは別に開催予定です)。

以上、よろしくお願いいたします。


2020/2/5: 会場スポンサより新型コロナウイルスの影響で会場を使用したイベント開催が禁止される可能性があると連絡がありました。会場が使用できなくなった場合は開催を中止します。


Kubernetes Meetup Tokyo #28を開催します! コンテナをデプロイできる強力なシステム Kubernetes のことを詳しく聞く会です!

行動規範 (Code of Conduct) について

Kubernetes Meetup Tokyoは、Kubernetesユーザが集まり、KubernetesやKubernetesを使ったソフトウェアについて情報交換、交流をするための勉強会です。勉強会の開催を通じて、Kubernetesのユーザが一堂に集まり、Kubernetesにまつわる様々な分野の知識や情報を交換し、新たな友人やコミュニティとのつながり、仕事やビジネスチャンスを増やせる場所とすることが目標です。

これを達成するため、参加者の全員が、行動規範に同意していただくことが必要です。全員にとって安全な環境を維持するため、皆さん一人一人にご協力をお願いします。

タイムスケジュール

時間 内容 スピーカー
18:15-19:15 受付開始 -
19:00-19:05 Opening (5min) -
19:05~19:35 Amazon EKS によるスマホゲームのバックエンド運用事例 (30min) Shinji Horiguchi, Kentaro Kato, Gree, Inc.
19:35~20:05 Kubernetes Robotics Distributed System Deep Dive (30min) 藤田智哉 (GitHub: fujitatomoya, LinkedIn), Sony Corporation R&D Center
20:05~20:35 Kubernetes Security for Microservices (30min) Hiroki Suezawa (GitHub: rung), Mercari
20:35~21:05 懇親タイム sponsored by Yahoo! JAPAN -
21:05-21:30 LT 大会 (5min x 5) -

19:05~19:35 Amazon EKS によるスマホゲームのバックエンド運用事例 (30min)

by Shinji Horiguchi, Kentaro Kato, Gree, Inc.

私たちのチームではお客様向け商用サービスのインフラを運用しており、効率を上げるべく十分に符号化された仮想環境から Docker にシフトしていきました。 Amazon ECS や Google Kubernetes Engine などを経て、今回初めて Amazon EKS を採用しました。これまでの経緯や想いを交えながら EKS で運用を開始するにあたっての検討事項やリリース時に発生した問題の解決方法について、具体的な事例を交えながらお伝えします。

19:35~20:05 Kubernetes Robotics Distributed System Deep Dive (30min)

by 藤田智哉 (GitHub: fujitatomoya, LinkedIn), Sony Corporation R&D Center

Kubernetesを利用したRobotics / Edge IoTでのユースケースや背景から始まり、Device-Pluginの活用事例、Robotics Operating Systemと連携したシステムアーキテクチャーを紹介させていただきます。

Bio: System Architect and Developer, Robotics Software Engineer

20:05~20:35 Kubernetes Security for Microservices (30min)

by Hiroki Suezawa (GitHub: rung), Mercari

メルカリではMicroservices化を進めており、各サービスのコンテナをKubernetesクラスタにのせて運用しています。本セッションでは、大規模なKubernetesクラスタを運用するにあたって、セキュリティの観点から、どのような考え方で運用する必要があると考えているか、そしてKubernetesの持つセキュリティ機能はなぜ必要なのかをお話します。

Bio: Security Engineer at Mercari, Inc.

懇親タイム sponsored by Yahoo! JAPAN

食べながらの懇親タイムです。軽食、ドリンクを提供予定です。未成年および自動車などの車両を運転する予定方は絶対に飲酒しないでください。

21:05~21:30 LT大会x5 (各5分)

「参加枠 > LT枠」に注意事項の記載があります。LT希望者は必ず確認してください。

  • Test a kubectl plugin with a real cluster using Kind and GitHub Actions - Hidetake Iwata
  • kubectl コマンドを自分流にカスタマイズしてみよう - Kaito Minatoya
  • Kubernetes on Windowsのはじめ方 - きょー
  • 今日から始める限定公開クラスタ - iganari
  • RollingUpdate時に何故かHorizontalPodAutoscalerがDeploymentをスケールアウトする話 - shibataka000

参加枠

一般枠(抽選)

抽選枠です。過去にこの勉強会で登壇、LT経験のある方は優先して参加いただけます。一般枠でご登録ください。その他、当日補欠で来場されても参加をお断りさせていただきます。予めご了承ください。

抽選後の補欠番号は申込番号と関係なくランダムに並び替えられます。これは connpass の仕様によるものです。ご了承ください。

遠方枠(先着)

首都圏 (東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)以外のところに住んでいる方は遠方枠で参加できます。

女性/LGBT枠(先着)

女性の方、LGBTの方は女性/LGBT枠、もしくは一般枠で参加できます。

ブログ枠 (先着)

イベントについて1週間以内にブログで紹介していただける方の枠になります。

申し込み時のアンケートに公開先ブログURLを記入いただいていない場合、キャンセルになりますのでご注意ください。

LT枠(抽選)

LTは5分厳守です。LTをやりたい方は、事前にLT枠で参加した上、このフォームからタイトルを入力してください。

フォームを入力されていてもLT枠で参加できていないと発表いただけません。またLT枠で参加されていても抽選日までにフォームの入力が確認できなかった場合はキャンセルとさせていただきます。ご了承ください。

取材、その他

取材などで参加を希望される方は、右カラム中央のリンクから事前に主催者宛に用件をご連絡ください。保安上の理由から、事前連絡なしの参加はお断りさせていただきます。また当日提供されるピザ、ビールなどの飲食物は一般参加者向けになります。予めご了承ください。

参加費

無料

当日の受付について

中継

会場設備について

  • プロジェクタの解像度は 1920x1080/60p です。
  • 入力端子は HDMI, D-Sub 15ピン, USB-C, Mini DisplayPort です。
  • 無線 LAN が利用可能です。電源タップは数に限りがあります。

注意事項など

  • 受付票に記載の本人のみが参加できます。受付票をお持ちでない方は入場できません。受付票はスマートフォンでの提示で入場できます。
  • 18:15 開場です。19:30 以降に来場されても入場できません。注意してください。
  • 会場は禁煙です。

免責事項

  • 貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者側では一切責任を負えません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント