ISO/SAE 21434の要件アップデートとセキュアな車載ソフトウェア開発

参加枠申込形式参加費 参加者
1
先着順 無料 9人 / 定員20人

イベント内容

ISO/SAE 21434の要件アップデートとセキュアな車載ソフトウェア開発

概要

ISO/SAE DIS 21434:2020(国際規格案)が先ごろ発行されました。年内もしくは年明けにも最終版として公開される運びとなりそうです。


より安全で快適な自動走行車、コネクテッドカーを開発するためにOEM・サプライヤー各社はどの様なソフトウェア開発プロセスの見直しと施策の実施が必要になるか、ISO/SAE 21434におけるサイバー・セキュリティの要件を整理しながら解説いたします。

内容

  • ISO/SAE 21434およびWP29策定状況アップデート
  • ISO/SAE 21434におけるサイバーセキュリティ・プロセス
  • 脅威分析、セキュアプログラミング、テストなど各フェーズで取り組むべき施策
  • Q&A
    ※ 当日予告なく内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

デニス・岡・健五

日本シノプシス合同会社
ソフトウェア インテグリティ グループ
シニア ソリューション アーキテクト

日本シノプシス合同会社のソフトウェアインテグリティグループにてシニア・ソリューションアーキテクトとしセキュリティソリューション業務に従事。2006年より車載セキュリティを専門とし、ボルボ、SRI International、Boschグループの車載セキュリティ子会社に勤務。60以上の執筆を手掛け、講演も世界中で多数行っている。

参加対象

  • 車載ソフトウェアの開発に携わる方
  • 自動車サイバー・セキュリティ、セキュアなソフトウェア開発に課題をお持ちの方
    ※ 競合企業の方のご参加はお断りする場合がございます。予めご了承ください。

参加費

無料

参加方法

お申込みの方に後日WebEx URLのリンクを共有いたします。

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。