Angular+Firebase Live Coding Session #gdgtokyo .

イベント内容

開催概要

AngularとFirebaseの Live Coding Sessionをオンラインで開催します。
こちらはAngularとFirebaseの入門向けLive Coding Sessionとなります。各セッションの内容は以下詳細をご確認ください。

開催日:2020年3月7日(土)13:30スタート
場所:Youtube Live <オンライン>(granicaより配信)
参加費:無料

当日はYoutubeライブで配信を行います。以下URLよりご参加いただけます。 https://www.youtube.com/channel/UCqopF8_oRXuuxBjk_lVB4zQ/live
※アーカイブ動画としても公開されます。

参加枠の説明

Hang-out + Slack参加枠

Hang-out と GDG Tokyoの当イベント用Slackチャンネルに参加、Live codingを一緒に取り組んでいただきます。他の参加者皆さんや講師の方とオンライン上で交流しながら、適時質問いただける枠です。(配信には映りませんのでご安心ください) Hang-out + Slack参加枠でお申し込みの方は、イベント開催前に招待リンクをお送りいたします。

Youtube Live視聴枠

Youtube Liveを視聴するぞ!という方は是非こちらの枠でご参加申込みください。(申し込みいただかなくても視聴は可能ですが、申し込みいただけると嬉しいです)

Blog書くぞ枠

当イベントの内容をBlogに書いてアウトプットされる方の専用枠です。積極的にアウトプットにご協力いただける方は、次回のイベント開催時に優先参加枠をご用意いたします。

Twitter + Live chat 盛り上げるぞ枠

当イベントの開催を一緒に盛り上げてくれる方の専用枠です。積極的にアウトプットにご協力いただける方は、次回のイベント開催時に優先参加枠をご用意いたします。

タイムテーブル

時間 内容 登壇者
13:30-13:40 Opening Shoko Sato
13:40-15:10 【 Live coding session -1】Cloud Firestore Web ail san
15:10-15:30 休憩 - 質疑応答
15:30-17:00 【 Live coding session -2 】angularfire laco san
17:00-17:20 質疑応答
17:20-17:30 Closing

※前半にFirebaseのweb向け機能について、後半は前半の機能をAngularfireで実装するライブコーディングセッションを行います。

Cloud Firestore Web
https://codelabs.developers.google.com/codelabs/firestore-web/index.html?index=..%2F..io2018#0
angularfire
https://github.com/angular/angularfire/blob/master/README.md
参考
https://firebaseopensource.com/platform/web/

講師・共催コミュニティのご紹介

稲富 駿

Angular日本ユーザー会 代表 / Google Developers Expert for Angular オープンコミュニティを愛するフロントエンド開発者。2016年よりAngular日本ユーザー会の代表を務める。 2018年に日本で一人目のGoogle Developers Expert for Angularに認定され、日々の仕事の傍ら、AngularをはじめとするOSSへのコントリビューションや翻訳、登壇、イベントの主催などの活動を続けている。
Twitter

Angular日本ユーザー会

日本のAngular開発者によるユーザーコミュニティです。ナレッジの共有やイベントの開催、ドキュメントの翻訳などをおこなっています。
https://ngjapan.connpass.com/

佐藤 雅幸

FJUGハンズオン番長 教育業界で情報技術の普及に務めるHoliday Programmer。Firebaseのコンセプトに感銘し、Firebase Japan User GroupのHands-on会を主導したり、他コミュニティのHands-on活動に協力したり、Firebaseのブログを書いたり、薄くて高い本を書いたり書いてなかったりと暗躍中。ピクセルアートをこよなく愛する。
Twitter

Firebase Japan User Group

Firebaseが広く使われることを目標に、知見共有や技術者同士の交流を行っている日本のUser Groupです。
https://firebase-community.connpass.com/

運営

GDG Tokyo

Google Developers Group (GDG) Tokyo は主にGoogleのテクノロジーに興味のある人たちで情報を共有しあう集いです。平日夜や週末に東京で勉強会等を行っています。ご興味のある方は気軽にご参加ください。 Google Developers Group (GDG) Tokyo is a group of people who are interested in Google technology mainly and share information. #GDGTokyo #GDG #DevFest https://gdg-tokyo.connpass.com/

WTM Tokyo

Women Techmakers(WTM)とは、テクノロジー業界にいる女性のためのグローバルプログラムでありブランドです。認知度を高め、コミュニティをつくりリソースを共有することでテクノロジー業界にかかわる女性のエンパワメントに尽力しています。 https://wtm-tokyo.connpass.com/

注意事項

  • スケジュール、内容は変更となる場合があります。
  • 悪天候等により、運営事務局の判断にてイベントを中止する場合があります。
  • 貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者は一切責任を負えません。
  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。何卒ご理解とご協力をお願い致します。
  • 本勉強会は、技術交流が目的です。 知識の共有や参加者同士の交流を目的としない方の参加はお断りします。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。

アンチハラスメントポリシー

ハラスメントとは、性差、性同一性と表現、性的指向、障害、外見や身体的特徴、人種、宗教、公共な場での性的な画像や類する表現、脅迫、ストーカ、望まない写真撮影や録音・録画、不適切な接触、およびそれらに関連した不快な言動が含まれます。

  • GDG Tokyoでは全ての参加者がナレッジ共有に集中できるよう、これらのハラスメント行為を許容しません。
  • ナレッジの共有、参加者同士の交流を目的としない参加はお断りしております。
  • 参加目的が不適切だと判断される場合、運営側で参加をキャンセルさせていただきます。

GDG Tokyo 会場内だけでなく、GDG Tokyo の内容や状況についてブログやSNSなどで公開、コメントなどいただく際にも、これらハラスメント行為がないようご留意ください。 万が一、ハラスメント行為を見聞きした参加者は、お手数ですがGDG Tokyo運営までご一報ください。

行動規範

すべての参加者は以下の行動規範を一読した上で、スムーズな進行にご協力ください。 https://docs.google.com/document/d/1CArqiNTgWI3bwLnkxdlpfxjISSkJnsJ_rykf8mu-dgI/edit?usp=sharing

プライバシーポリシー

GDG Tokyoのプライバシーポリシーについては以下を一読ください。 https://docs.google.com/document/d/1tSlbgLBbxZC_Z3vGk_4wTmjIRhJnWXOLy_F5j8D5rx8/edit?usp=sharing

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。