【オンラインセミナー】CircleCIを活用したモダンな開発環境の実現ウェビナー ~数段上のソフトウェア開発を目指して~

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加枠
先着順 無料 0人 / 定員30人

イベント内容

【オンラインセミナー】

CircleCIを活用したモダンな開発環境の実現

概要

昨今あらゆる製品やサービスのデジタル化が進み、ソフトウェア開発の重要性が増しています。
「品質」、「コスト」、「スピード」の相反する要求に応え新しい製品やサービスをいち早く市場へ投入することは、ビジネスの成長に欠かせず、ソフトウェア開発環境のあり方が問われています。

本セミナーでは、GitHub Enterpriseと容易に連携してCI/CDを実現するCircleCIを中心にご紹介します。
CI/CDの重要性を改めて解説しながら、CircleCIの特徴的な機能のご紹介、他のCI/CDツールであるGitHub Actions/Jenkinsとの弊社目線での違いや、CircleCIと連携するソリューションを活用したセキュリティチェックの自動化といった内容について、デモを含めてご紹介します。

CircleCIを活用したモダンなソフトウェア開発の姿を知ることのできる、本セミナーをぜひご活用ください!

開催概要

日程 2020年 3月17日(火)13:00~14:00(ログイン開始 12:50~)
会場 オンラインセミナーでの開催
※インターネット環境があれば参加可能となります。
定員

50名

※定員に達し次第受付を終了させていただきます。

対象
  • 既にGitHubを活用しており、開発環境のモダン化を促進させていきたいとお考えの方
  • CI/CDの実践に関心があり、CI/CDツールの選定・置き換えに取り組みたいとお考えの方
  • ソフトウェア開発段階でのセキュリティチェックに関心のある方

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

費用 無料(事前登録制)
主催 マクニカネットワークス株式会社

プログラム

13:00~13:50 CircleCIを活用したモダンな開発環境の実現
  • CI/CDの重要性
  • CircleCIの特徴的な機能について
  • CircleCIによるCI/CDパイプラインの実装例
  • 他CI/CDツール(Jenkins/GitHub Actions)との違い
  • 3rdPartyソリューション連携によるDevSecOpsの実現例
13:50~14:00 Q&A
※頂いたご質問全てに回答ができない場合がございます。予めご了承ください。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

お申し込みはこちら

https://www.macnica.net/circleci/seminar_03.html/

本イベントは終了しました

類似しているイベント