【オンライン開催】2020年4月15日 次世代データ解析基盤 XX億円損失の危機を救ったPMが語る、「失敗しない」ビッグデータIT投資戦略

参加枠申込形式参加費 参加者
先着順
先着順 無料 1人 / 定員5人

イベント内容

概要

ビッグデータの基本からプロジェクト運用法、成功事例まで。
ビジネスの観点からわかりやすく解説!

データ分析基盤に必要な機能はざっくり言うと「集める、ためる、活かす」という3つです。

今までの分析基盤では、基盤システムや業務システムから社内のデータを「集め、ためて、活かし」ていました。そこには専門的なITの技術や知識が必要で、各企業のIT部門が統制を担い、実際にデータを活用するビジネス部門は必要に応じてcsvファイルでデータを基盤からダウンロードし分析や活用を行っていました。

しかし昨今の経営的判断にはますますスピードが求められるようになり、データのオンタイム性、データも社内のデータのみでなく、社外からのデータの活用、IT部門だけでなくビジネス部門でもデータのエキスパートとなる必要があります。

Avintonでは何年も前から「大量のデータをいかに経済的に処理し、ビジネスで成功するか」ということを命題とし、お客様にソリューションの提案を行ってまいりました。そして2018年末から次世代データ解析基盤の開発と導入に取り組んでおります。

そんなビッグデータの活用の場で切磋琢磨してきたからこそわかる、今投資すべきデータ解析基盤。当日はAvintonの経験とノウハウを皆様にシェアさせていただきます。

プログラム

  • ビッグデータの到来、ビッグデータとは?

  • Avinton開発の次世代データ解析基盤「Big Data Cluster」

  • 次世代データ解析基盤導入事例

  • コストとセキュリティ

  • AIモデルの構築

※今回は特別に、AI事業担当者と気軽に直接お話しできる懇談の時間ももうけています

※ 当日予告なく内容が変更になる可能性がございます。


こんな人におすすめ

  • 社内でデーターベース導入をご検討されている方

  • 現状の社内データーベースに限界を感じている方

  • 社内のデータベース、データの収集に課題を感じている方

  • 社内でTablouを使用していて、さらに効率化されたい方

  • データはあるけどそのまま捨ててしまっている方

  • これからデータをつかってAIやIoTなどの事業を検討しようとしている方向け

  • 社内にビッグデータを扱える人材がいないけどAIに興味がある方

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。

※ 参加者多数の場合はこちらから参加をお断りする可能性もございます。

※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

持ち物

名刺1枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

本イベントは終了しました

類似しているイベント