【Web開催】英語圏SEOでGoogle検索1ページ目に表示させるたの論理的な記事制作プロセス

参加枠申込形式参加費 参加者
10
先着順 無料 3人 / 定員10人

イベント内容

英語圏SEOでGoogle検索1ページ目に表示する方法

概要

英語圏のユーザーをターゲットにしているサービスをお持ちの企業様向けSEO記事制作セミナーです。

WEB集客の手段として英語SEOを実際に取り組まれている、もしくは実施予定の方の中で「どうやって記事をつくっていくの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

日本語と同じく英語圏検索ユーザーも知りたい情報への最適な答えを「すぐに知りたい。」と考えています。また、100%の答えではなく、120%の答え=求めている+αの情報を求めています。

そのようなユーザーがクリックしてしまうような最適なタイトルの付け方・最後までスクロールしてもらうための記事構成についてご説明させて頂きます。

・英語記事づくりの流れを知りたい!

・文字数はどれくらい書いたら良いの?

・対策キーワードは入れられるだけ入れた方が良いの?

・メタディスクリプションを設定しなくても良くなったって本当?

・そもそも記事っていくつ書けば良いの?

以上のようなお悩みをお持ちの方は是非弊社のセミナーにご参加ください。

<セミナーの内容>

セミナー開始予定時間30分前までにURLを送付させて頂きます。

30分前を過ぎてもお手元に届いていない場合は、大変お手数ではございますが、

問い合わせフォームよりご連絡頂きますようお願い致します。

①検索意図を分析する重要性

②英語SEOと日本語SEOの違い

③倫理的に根拠を持って検索意図を分析する方法

④記事制作プロセス

主催者概要

山田 太郎

代表取締役CEO 永井雄一 

京都大学大学院 経営管理教育部(MBA)在学

2008年 株式会社USEN 入社
2011年 株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 入社
2016年 株式会社S-fleage 設立

株式会社サイバーエージェントにてWebマーケティングの最前線で仕事に従事。主にWebマーケティング手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。2016年に株式会社S-fleageを設立、関西・東京の企業様を中心にWebマーケティングの集客支援のお手伝いをさせて頂いております。
S-fleage (エスフレイジ)は京都府京都市にある会社です。主な事業内容としてインバウンドソリューション、SEO対策を中心としたのWeb集客サポートなどのサービスを提供しています。大きな特徴は外国人観光客へのマーケティングを中心としたインバウンド事業です。旅行客への新しい観光体験の提供、若手グローバル人材の活用、地域企業の活性化という3つの価値創出を通じて三者の課題を解決します。具体的なサービスとしては 訪日外国人観光客向けの舞妓お座敷体験を実施しており、2019年2月末の時点で3,000人を動員しています。マスメディアでも取り上げられ、世界最大の旅行口コミサイトの認証を受けるなど、日本におけるインバウンド事業として大きく注目されています。インバウンド事業でのマーケティングノウハウを活かしたWeb集客サービスも提供しています。 

 

参加費

無料

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

本イベントは終了しました

類似しているイベント