アウトソーシングのソフトウェア開発で、品質を確実・効率よく向上させる静的解析の活用

参加枠申込形式参加費 参加者
1
先着順 無料 0人 / 定員20人

イベント内容

アウトソーシングのソフトウェア開発で、品質を確実・効率よく向上させる静的解析の活用

概要

多くのソフトウェア開発プロジェクトが、複数の企業や所属の異なるエンジニアにより成り立っていますが、納期やリソースに制限のある中で品質の高い成果物を確実に、効率よく開発することは大きな課題です。


静的解析Coverityはバグの検出精度の高さ/誤検知率の低さや品質の数値化/見える化等の機能により、国内外の組み込み機器や企業利用のアプリケーション開発プロジェクトにおいて採用されている、信頼性の高い静的解析ツールです。


このセミナーでは、開発現場および管理者の各視点でソフトウェアの品質を向上させるための機能にフォーカスしながら、デモを中心に静的解析Coverityの活用方法とメリットを紹介します。

内容

  • 静的解析Coverityが検出できるバグ・セキュリティ上の問題
  • 開発者が効率的にバグやセキュリティ上の問題を修正するための機能デモ
  • 管理者がソフトウェア全体の品質をコントロールするための機能デモ
  • Q&A

参加対象

  • ソフトウェアの委託/受託のプロジェクトにおける品質向上に課題をお持ちの方
  • 開発現場で効率的にバグの修正を行いたい方
  • 管理するプロジェクトを横断的に品質を向上させたい方

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。
本イベントは終了しました

類似しているイベント