【2020年08月12日(水):ウェビナー】人工知能やデータ分析テクノロジーを戦略的にビジネスに取り込むには? Vol.84

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加
先着順 無料 7人 / 定員10人

イベント内容

人工知能やデータ分析テクノロジーを戦略的にビジネスに取り込むには? Vol.84

~「AIゲームチェンジャー」シアトルの全貌 ~

詳細:http://www.classcat.com/2020/06/16/0812/

8月11日までの申込者にウェビナー参加URLをお知らせします。

すでに多くの企業が人工知能テクノロジーの研究・開発に乗り出しており、あらゆる業界・業種に適応され、活用の範囲を拡大しております。また、急速な進化により、私たちの暮らしに溶け込み、社会を変えつつあります。 しかしながら具体的に何をどこから始めてよいのか?具体的な効果を理解できずに人工知能やデータ分析テクノロジーを採用できていない企業も少なくありません。

本セミナーでは、人工知能やデータ分析テクノロジーの特性を理解し、適応する上での考慮点ならびに自社における活用のための具体的なステップを解説いたします。加えて、豊富な活用事例の紹介と共に人工知能テクノロジー採用プロジェクトの現状と課題について解説いたします。

今回は、特別講演として米国Innovation Finders Capital社の共同創業者 江藤哲郎氏から<「AIゲームチェンジャー」シアトルの全貌>と題した講演をしていただきます。

 セミナー参加者向け個別相談会(無償)実施中!

  http://www.classcat.com/ai_individual_consultation

 PoC(概念実証)を失敗させないための支援

  http://www.classcat.com/no_faile_poc

日時:2020年8月12日(水)15:00-18:00 (14:45 接続開始)

会場:ウェビナー(WEBセミナー)

環境:ブラウザー(Chrome / FireFoxの最新版)が利用可能なPCまたはスマートデバイス

共催:(株)クラスキャット(株)XEENUTS

後援:Innovation Finders Capital GP LLC働き方改革推進コンソーシアム

参加費:無料 (事前登録制)

定員:25名 (申込順で受付:定員になり次第受付終了)

対象:経営責任者ならびに役員 (含む経営責任者からの依頼を受けた責任者)

[開催内容]

・15:00-15:20:オープニング

本セミナーの趣旨と人工知能テクノロジーの経緯と最新動向

クラスキャット

・15:20-16:00:「AIゲームチェンジャー」シアトルの全貌

Innovation Finders Capital GP、LLC  

・16:00-16:10:休憩

・16:10-16:50:人工知能やデータ分析テクノロジーを戦略的にビジネスに取り組むには?

人工知能やデータ分析テクノロジーの特性を理解し、適応する上での考慮点ならびに自社における活用のための具体的なステップを解説

クラスキャット

・16:50-17:40:適応検討の実態と日本企業における課題

豊富な活用事例の紹介と共に人工知能テクノロジー採用プロジェクトの現状に加えその課題と運用要件検討について解説

XEENUTS(ジーナッツ)

・17:40-18:00:クロージング

クロージングならびに質疑応答

※セッションのタイトル・講師・時間配分などは、やむなく変更されることがあります。予めご了承くださいますようお願いいたします。

※他媒体でも告知・参加受付をしておりますので、本サイトの申込者数は全体の一部であることをご了承ください。

お問合せは cc-seminar@classcat.com までお気軽にお問合せください。

申込みは締め切りました

開催グループに関連するコラム

PyTorch 1.6 ステーブル版が 7月28日にリリースされました

プログラミング

【PyTorch 1.6.0 リリースノート】PyTorch 1.6 ステーブル版が 7月28日にリリースされましたので、リリースノートのハイライトを翻訳しておきました。前バージョン (1.5) からおよそ 3 ヶ月が経過していま...

PyTorch 1.6 ステーブル版が 7月28日にリリースされました

TensorFlow 2.3.0 ステーブル版がリリースされました

プログラミング

主要な特徴として、まず tf.data が入力パイプラインのボトルネックとリソースを節約するために 2 つの新しいメカニズムを追加しました : スナップショットと tf.data サービスです。入力パイプラインのパ...

TensorFlow 2.3.0 ステーブル版がリリースされました

【Pyro 1.3】Examples : 変分オートエンコーダ

プログラミング

【Pyro 1.3 : Examples : 変分オートエンコーダ】Pyro は PyTorch のエコシステムの一つで、PyTorch をバックエンドとして動作する確率的プログラミング言語 (PPL) です。PyTorch 1.4 ステーブル版のリリ...

【Pyro 1.3】Examples : 変分オートエンコーダ

開催グループに関連するコラム

PyTorch 1.6 ステーブル版が 7月28日にリリースされました

PyTorch 1.6 ステーブル版が 7月28日にリリースされました

類似しているイベント