データマーケティング実践セミナー~ビジネスの現場で使えるデータの見方・考え方~

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 35人 / 定員60人

イベント内容

データを正しく分析しマーケティングに活用する

インターネットの普及やITツールの多様化に伴って、マーケティングに活用できるデータの量は以前に比べて膨大になってきています。その中で、企業で働くマーケターには膨大なデータを正しく分析しマーケティングに活用する力が求められています。

そこで今回のセミナーでは、専門的な知識のない人でもデータを分析して問題解決の糸口をつかむやり方・考え方を解説します。データを正しく分析しビジネスに活用する力を身につけることで、効果的な戦略を立案し、適切な提案や意思決定ができるようになります。

このようなお悩みを抱えている方は、ぜひご参加ください

次のような課題を抱えているデータ活用の担当者、マーケター、エンジニア

✔ 統計学やプログラミングなどの知識はあるが、ビジネスに活用する考え方が分からない方
✔ データを扱う部署に配属されたが、何から手を付けていいか分からないという方
✔ マーケティングの部署にいるが、データに基づいた戦略立案のやり方が分からない方
✔ データ活用のスキルを磨いて、転職やキャリアアップを目指したい

タイムスケジュール

内容
セッション1

問題解決とデータ分析の関係

データ活用市場/企業におけるデータ活用の現状/あるべき問題解決方法/データ分析の役割/本来あるべきデータ分析/データ分析による課題の抽出例

セッション2

データ分析の進め方事例で学ぶ目的に沿ったデータ分析の方法

具体的なデータ分析事例をもとに、データ分析のステップを学びます。

セッション3

データに基づいた効果的な提案と意思決定

提案や意思決定など、日々の業務の中で効果的にデータを活用するためのコツを解説します。

※ 内容は予告なく変更になる可能性がございます。

講師プロフィール

齋藤健太

齋藤 健太 Twitter

株式会社クロスメディア・コンサルティング
代表取締役

株式会社船井総合研究所の戦略コンサルティング部(当時)所属後、独立。製造業や小売業、サービス業に至るまで大小様々な企業の課題発見に従事、成果を上げる。特にデータ分析においては、複数のコンサルファームにもアサインされる実力を有する。 その他、AI関連スタートアップや教育関連企業からもデータ分析支援の依頼を数多く受けている。2013年9月にクロスメディア・パブリッシングより「問題解決のためのデータ分析」を出版(2019年2月に新装版を出版)。 また、2019年10月同社より「会社の問題発見、課題設定、問題解決」を出版。2018年5月同社グループ全体のコンサルティングに入り、10月クロスメディア・コンサルティングを設立、現在に至る。

会社情報

KUROCO(株式会社クロスメディア・コンサルティング)

私たち「KUROCO」は、データ分析・活用の専門家として、企業のデジタルシフトの課題である「人材不足」「組織体制」を補い、ビジネスとデータをつなげる基盤を構築、売上・利益の最大化に向けた戦略・施策の実行までサポートします。

URL:https://cm-consulting.jp/

参加費

無料

注意事項

※本セミナーはオンライン開催です。弊社からお送りするURLを、指定の日時にクリックすしてご参加ください。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

類似しているイベント