【VR開発入門】Unity/Blenderを使った3Dコンテンツ開発講座(オンライン直接講義)

参加枠申込形式参加費 参加者
※公式サイトからお申込みください
先着順 35,000円
当日現金支払い
0人 / 定員10人

イベント内容

お申込方法

こちらのサイトからお申し込みをお願いいたします。https://vria.tokyo/VRIA%20ONLINE%20ACADEMY

【VR開発入門】Unity/Blenderを使った3Dコンテンツ開発講座(オンライン直接講義)

この講座はUnity・Blenderといった無料でオープンソースの3D開発ソフトを使い、
初心者の方でも8日でゼロから実際にコンテンツ開発するまでを学べる講座となっています。

Blender rogo

Blender

3D開発は新時代を迎えました。
これまで無料か安価なソフトウェアは、業界のスタンダードと比べると劣ってしまい、今一つでしたが、その事実はもう過去のことです。

Blenderは長い間愛好家やマニアの間で人気はありましたが、2019年の2.8の更新により、Blenderは、競合に対抗するための十分なパワーと使いやすさを備え、さらにスマートでユーザーフレンドリーな形に生まれ変わりました。

世界中のスタジオでは使用するツールを再考し、彼らの多くはBlenderに切り替えています。

他の3D作成ソフトウェアに慣れている場合、またはあなたが完全に初心者である場合、Blenderは最初は気が遠く思えるかもしれませんが、操作に慣れれば創造の可能性に制限はありません。

お時間があれば、2019年のBlender Creation Reelをチェックしてください。

Unity rogo

Unity

概要

この講座ではBlender・Unityという無料でオープンソースの3D作成ソフトを使い、3Dモデリング初心者の方でも8日でゼロから実際にコンテンツ開発するまでを学べる講座となっております。

開催日時

期間:8/17(月) 〜 9/02(月)    週3回(月、水、金) 全8回 

時間:18:30 〜 21:00   

受講方法

オンラインビデオ会議ツール『Zoom』を使用して授業を行います。

ご入金の確認ができ次第、ご招待リンクをお送りします。

お申込方法

こちらのサイトからお申し込みをお願いいたします。https://vria.tokyo/VRIA%20ONLINE%20ACADEMY

料金

¥35,000(税込)      

お申し込みが確認出来次第、メールにてお支払いのご連絡を差し上げます。

キャンセルポリシー  

■受講される方は申込時に登録した受講者に限ります

■途中で受講者の変更はできません

■ご利用期間の延長はできません

■お振込後のキャンセルにつきましては、受講料をお振り込み頂いた後のキャンセル(返金)はお受けできませんのでご了承ください

■ご入金の確認ができ次第、参加用URLをお知らせし致します

ただし、受講日のお振り替えは可能です。振替希望日を事務局にお知らせください

■振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます

VRIA事務局

mktg@avrjapan.co.jp

カリキュラム

開催日 カリキュラム
① 8月17日(月) オリエンテーション・3Dモデリングについて学ぼう!
② 8月19日(水) Blenderの基礎講座1
③ 8月21日(金) Blenderの基礎講座2
④ 8月24日(月) Blenderの基礎講座3
⑤ 8月26日(水) Unityの基礎講座1
⑥ 8月28日(金)

Unityの基礎講座2

⑦ 8月31日(月) ゲームワールドを構築しよう!
⑧ 9月02日(水) 3Dコンテンツをつくりあげよう!

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

講師

山田 太郎

Bjørne Hoff

VRIA講師

ノルウェー出身。3DモデリングからUnity、Blender、Photoshopまで幅広い分野を網羅しているプロフェッショナル。写真家、通訳としても活動もしている。日本語、英語、ノルウェー語OK!

ご準備いただくこと(必須)

・PC (Mac or Windows)(メモリ…8GB以上/ CPU…Corei5以上 / マウスでの操作推奨)

 ⇨ゲームエンジンUnityのインストール-https://unity.com/ (version 2019.2.12f or newer)

 ⇨3D開発ソフトBlenderのインストール-https://www.blender.org/ (version 2.8 or newer)

サポート体制

短期間ではありますが、安心してください。
皆さん一人ひとりがしっかりとコンテンツ開発できるよう、サポート体制は万全です。

具体的には、
① 共有チャットツール『Slack』を使用して、講座の皆とコミュニケーションがとれる
② 授業後は、毎回録画動画をSlackにて配信

【VR Innovation Academy】


詳しくはこちらをご覧ください
公式サイトはこちら

類似しているイベント