広報PRの副業をはじめませんか? 仕事探しから実務まで徹底解説(広報担当者向けセミナー)

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 1人 / 定員15人

イベント内容

広報PR職として3年以上の経験・スキルを持っている方へ

プレスリリースやメディアリレーションズなどの広報PR活動を中心にソーシャルメディアの活用や広報戦略の立案など、スタートアップから中堅企業で広報PRの支援を必要とする企業が増えています。

  • これまでの広報PR経験・スキルを他社でも活かしたい!
  • 様々な業界や業態の広報PRをやってみたい!
  • 自分が持っているメディア人脈を他の会社でも活用したい!
  • 週1時間〜でも空いている時間を使って"副業"をやってみたい!

企業から寄せられる広報PRの支援依頼

  • 広報戦略の立案
  • プレスリリース作成・配信
  • メディアリレーションズ・メディアキャラバン
  • PRイベントの企画・実施
  • SNS運用
  • 採用広報
  • コーポレートサイト運用

すべてをお願いされるケースは少なく、得意な分野の業務を副業として支援します。

本業と両立する広報の副業のはじめ方を解説

このような想いをお持ちの広報PR担当者の方に『広報の副業のはじめ方』と題して、仕事(支援先)探しから支援実務の進め方までを解説するセミナーを開催します。

【セミナー内容】

<セミナー>

  • 企業の広報と支援側の立場の違いを理解しよう!
  • 営業が苦手でもできる支援先の探し方とは?
  • 自分に合った広報支援方法は"コンサル型"or"実働型"?
  • 支援メニューを作ろう!サンプルも提示
  • 毎月の支援(仕事)の流れを紹介

<パネルディスカッション>

  • 現在の本業について
  • 本業と副業の時間の使い分けは?
  • これまでの支援実績
  • 副業ならではの苦労克服方法

<質疑応答>

など企業の広報PR担当者が副業を行う上で必要な内容が盛りだくさんです。

10年間、スタートアップから中堅・大手まで幅広く広報PRとマーケティングの支援をやってきた、シェイプウィン代表の神村優介がプロの支援内容をお教えします。ぜひ、マネをしてもらえればと思います。

また、スタートアップ企業の広報として、数々のメディア露出を成功させ、現在数社の広報PR支援を副業(業務委託)で行う、株式会社カラダノートの彦坂真依子氏をゲストに、実際の副業で体験した実務の進め方の苦労や克服した方法、これまでの実績を伺います。

株式会社カラダノート:https://corp.karadanote.jp/

【参加条件】

  • 広報PR経験が3年以上(業種不問)
  • メディア人脈がある(媒体不問)
  • 現在広報実務に携わっている、または過去一年以内に携わっていた方

本セミナーの後に実際に副業として他社の広報に携わってみたいという方には、シェイプウィンが抱える広報PR案件や初めての方でもできる部分的な案件もご紹介します。お気軽にお問い合わせください。

セミナー概要

日時:2020年9月29日(火)19:00-20:00

参加費:無料

定員:20名(先着)

視聴方法:セミナーの受講につきましてはお申し込みいただいた方へのみ事前にご案内させていただきます。Zoomでのウェビナー視聴を予定しています。

主催:広報サロン(主宰:シェイプウィン株式会社)

内容:

<セミナー>

  • 企業の広報と支援側の立場の違いを理解しよう!
  • 営業が苦手でもできる支援先の探し方とは?
  • 自分に合った広報支援方法は"コンサル型"or"実働型"?
  • 支援メニューを作ろう!サンプルも提示
  • 毎月の支援(仕事)の流れを紹介

<パネルディスカッション>

  • 現在の本業について
  • 本業と副業の時間の使い分けは?
  • これまでの支援実績
  • 副業ならではの苦労克服方法

<質疑応答>

※PR代理店の方やフリーランスの方は参加ご遠慮ください。また、フリーランスの方は別途案件をご相談しますので、個別にご連絡いただければと思います。

【講師プロフィール】

株式会社カラダノート

広報 彦坂真依子氏

1986年愛知県生まれ。津田塾大学卒業後、人材サービス業である株式会社クイックにて営業職に従事。エーピー・カンパニーにて広報を担当し、株式会社カラダノートにて広報部門を立ち上げ、広報ブランディング部部長に就任。広報ギルド「ムスビノ」を結成し、食、サービス、エンタメ、BtoBSaaS、VCなど業界問わずスタートアップの広報に復業で関わっている。



シェイプウィン株式会社

代表取締役 神村優介

徳山工業高等専門学校卒業。在学中にNHK高専ロボコン出場経験を生かしたロボット教育ビジネス「MAKE21」を始める。2005年にこのビジネスで経済産業省後援のドリームゲートビジネスプランコンテストの中国地区大会で最優秀賞を取得。その後、株式会社セガトイズに入社し、玩具の企画開発マーケティングを担当。お風呂で使える家庭用プラネタリウム「ホームスターアクア」をプロデュースし、年間15万個出荷の大ヒットを記録。独立後、広報PRを中心にマーケティング企画支援を行うシェイプウィン株式会社を24歳で設立。これまでにChatWorkやスマレジ、TEMONAなどスタートアップの広報PRやマーケティングを支援。

シェイプウィン株式会社について

広報PRを中心にマーケティング戦略やDX施策でブランド認知からリード獲得までを支援する企画会社です。支援実績はスマレジ、TEMONA、ChatWorkなど。また、一人広報担当者のための学習相談交流オンラインサロン『広報サロン』も主宰。

https://www.shapewin.co.jp/

本イベントは終了しました

類似しているイベント