第13回AIセンサービジネス研究会【オンライン・無料】

参加枠申込形式参加費 参加者
参加
先着順 無料 30人 / 定員30人

イベント内容

AI,センサー技術に関する情報交流の場として

「第13回 AI/センサービジネス研究会」をオンライン開催します。

今回のテーマは・・

6月に公開され、全世界を震撼させた自然言語処理AI、「GPT-3」

日常社会に浸透が進む「AI技術の導入事例

  について紹介します。

2020年6月、まるで人間が作成したかのような高精度な文章を作成できるAI「GPT-3」

公開され、瞬く間に 世界中のAI関係者の話題を独占しています。

これまで ”人間でしかできないこと”とされていた、文書や、小説、作曲、プログラムに至るまで

わずか数秒で作成できるようになった最新のAI情報について紹介します。

また 日常生活に導入が進んでいるAI技術の導入事例を紹介します。

なかなか表に出てこない話が聞けるチャンスです。

センサー技術情報は、最新のセンサーデバイスについて紹介します。

本研究会は、AIやセンサ技術を活用したビジネスに興味がある方なら

どなたでも参加可能。初めての参加も大歓迎です。

最新のAI情報が集積するとともに、ネットワークが広がる場となります。

オンライン開催ですので 全国からのご参加をお待ちしています。

◆名称:第13回 AI/センサービジネス研究会

◆内容

 1.・最近のAI動向紹介

   「2020年6月世界を激震させた超高精度な言語AIツール「 GPT-3 」の可能性

       「日常社会に浸透が進む、AI導入事例」

    (digamo 代表 早石 直広氏)

2.・最近のセンサーデバイスの動向紹介

       「エッジ処理」

     (共立電子産業株式会社 四元氏)

3.・事例紹介

      「ブラウザで動くAI画像認識と、小型マイコン(M5StickV)を使用したモビリティ制御

         (株式会社デナリパム 代表 井本氏)

4.質疑応答

 

5.その他PR

 

6.オンライン交流会(希望者のみ)

 

 ※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

◆概要

 日時:2020年9月25日(金)18:30~19:45

 会場:オンライン形式(申込者には 別途参加方法をご案内します)

 定員:30名

 参加費:無料

        (利用無料のオンライン会議ツール(Webexの予定)をインストールした

         PC、スマートフォンが必要)

 主催:ソフト産業プラザ TEQS、digamo

◆参加対象

 ・AI・センサービジネスに興味がある方ならどなたでも

◆AI・センサービジネス研究会とは?

   AI、IoT、ビッグデータを活用して、

   様々な新しいサービスが数多く提供され始めています。

   また、センサーデバイスはIoTを支える重要な基盤技術として

   日々開発が進んでいます。

   AIやIoTを活用した先進事例や、技術紹介を通じて、

   新たなビジネスの可能性を探求するビジネスコミュニティを目指し、隔月開催しています。

本イベントは終了しました

類似しているイベント