カバレッジが機能テストを見える化、テストの抜け漏れを防止する秘策とは!

参加枠申込形式参加費 参加者
オンラインセミナー
先着順 無料 定員80人

イベント内容

ソフトウェアの品質維持のための機能テストや回帰テストの多くは、画面(UI)をひとつひとつ操作して、その機能性や品質をチェックします。近年では、PCに加えて、スマートフォンやタブレットが普及したことにより実行環境が多様化し、さらに、画面遷移も複雑化しており、機能テスト用シナリオやテストパターンを多数用意しテストを実施する必要があります。
テスト自動化によりテスト工数の削減や効率化は期待できますが、テストが網羅的に実施されているかを客観的に判断するのは難しく、開発者やテスターの経験値、勘などを頼りにテストを進めることもあるのではないでしょうか?

そこで本Webinarでは・・

コードカバレッジによるテスト見える化とは

複数のテストカバレッジ情報をいかに統合、管理するか

テスト結果の記録と共有をいかに自動化するか

上記の課題にフォーカスし、ツールを使ってどのようにテストの抜け漏れを防止するのか、また、いかにテストの網羅性を効率的に計測、管理するかのコツをご紹介します。
Java/.NETアプリケーションの開発者や品質保証担当者、PJマネージャーなど開発に従事される多くの方々に必見の内容です。ふるってご参加ください!

開催概要

主催 テクマトリックス株式会社
開催日程 2020年9月29日(火)   15:00 ~ 16:00
アジェンダ 1.カバレッジによる機能テストの見える化とは
2.テクマトリックスのソフトウェア品質向上ソリューションのご紹介
3.Q&A

※ 当日予告なく内容が変更になる可能性がございます。
 
会場 本セミナーでは、Zoom Video Communications社のZoomを使用したWEBセミナーとなります。
WEBブラウザーより簡単にセミナーへご参加いただけます。
 
参加方法 1.お申し込み後、Zoomへの参加登録用URLをご登録いただいたメール宛に送付いたします。
2.参加登録用URLへアクセスし、Zoomへご登録ください。
3.ご登録後、Zoomから登録完了通知メール(Webinarへの参加方法)が届きます。
4.セミナー当日に、登録完了通知メールに記載されている「ここをクリックして参加」URLからご参加ください。
 
想定受講者 ・UIテストや機能テストを効率化したい方
・テストを見える化したい方
・テストの品質を上げたい方
・Jtest/dotTESTの使用をご検討中の方
 

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部

「Jtest」公式サイト



Javaは、Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国 及びその他の国における登録商標または商標です。

本イベントは終了しました

類似しているイベント