【無料:オンライン】原因と結果の思考法超入門-データ関連性を正しく把握する-【別日開催あり】

参加枠申込形式参加費 参加者
セミナー受講
先着順 無料 2人 / 定員10人

イベント内容

概要

★授業風景を、こちらからご覧いただけます!

【動画】原因と結果の思考法超入門

統計データを活用するための正しい情報を読み取る力

統計学のリテラシー向上により、10年前と比べると統計が広く社会で使われるようになってきました。
データに基づいて分析し、「難関大学を卒業すると生涯年収が増える」、「広告費を増加させると売上が上昇する」といった「●●すると○○となる」というレポートを見ることも日常となりつつあります。

これらは一般的に「因果関係」と呼ばれるものですが、これらの「因果関係」の読み方は正しいのでしょうか?

実は「因果関係」がないもの同士に関連が出てくる現象、いわゆる「偽の因果関係」と呼ばれるものが世の中にはたくさん存在するのです。
これら「偽の因果関係」を因果関係と思ってしまうと、誤った判断をしてしまうことになります。

そこで、すべての社会人の方が、これらの「偽の因果関係」に騙されないようにするために、正しくデータを読み解く考え方を学べるセミナーをご用意しました。

実際に「偽の因果関係」が現れるようなデータ(ビジネスデータ、社会データなど)を一緒に見ながら、そのデータを正しく読み解くということをセミナー内で行っていきます。
このセミナー内では難しい数式を使って分析するということは行いませんので、統計学やデータ分析の初心者の方でもご安心してご受講いただけます。

すべての社会人の方にデータリテラシーを

ここで学ぶ「因果関係の把握法」はビジネスシーンで必須のスキルです。データに基づいて客観的な把握ができるようにデータリテラシーを基本から学んでいきましょう。

本セミナーは別日にも開催しております。
スケジュールが合わない場合は弊社Webページ(こちら)から他日程をご確認ください。

セミナー内容

・データとは?
・データを読み解くための3つの視点
・データから関連性を読みとく力を理解する

講師

川原 祐哉

川原 祐哉

広島県進学塾にて講師経験。数字の扱い方からわかりやすい講義で人気

大学卒業後教育業界に従事しデータを用いた教育指導、経営判断に関わる。

自社のデータ分析・データ管理を行いつつ、実務で使える統計を社会人に教える講座を実施中。ビジネスマンの統計リテラシーの向上を目指し行う授業は、統計初心者にもわかりやすいと好評。またRやpythonを用いた統計解析の個別指導も実施。

〈インタビュー掲載〉
週刊ダイヤモンド2019年2/9号

※講師は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

受講対象

・統計学をこれから始めてみようという方
・因果推論を理解したい方
・仕事でExcelを使い、データ分析を行う必要がある方
・日常の情報に騙されずに読み解く力を身に着けたい方

必要事項

zoomを用いてセミナーを行いますので、ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。

ご参加にあたって(必ずご確認ください)

■開催当日は、以下の手順でご入場いただけます。

  1. メニューよりマイページの「参加申込イベント」を選択
  2. 本セミナーの「詳細ページへ」を選択
  3. セミナー詳細ページの「オンライン配信情報」にある【配信ページを表示】ボタンを押すとzoomの会場ページに繋がります。

■開場は開催の約15分前となります。それ以前のご入場はお控え下さい。
■開催当日の電話対応はできかねます。お問合せはメール、もしくはお問合せフォームよりお願い致します。
■iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。

参加費

3,000円 → 期間限定 無料

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます
本イベントは終了しました

類似しているイベント