JAWS-UG広島 第16回勉強会

イベント内容

概要

第16回のJAWS-UG広島勉強会です。

主なテーマ

やっぱ勉強会はオフライン!
今回はコロナで閉鎖してたのをソーシャルディスタンスをとらまえながら
開放する第一回目のオフライン。
コアメンバーで盛り上げるのでマスク着用!アルコール除菌!を徹底して、開催します。

タイムテーブル

時間 テーマ スピーカー
14:10 - 15:00 開場  
15:00 - 15:10 挨拶・会場説明 三戸
15:10 - 15:40 JAWS SONICネタとその裏ネタを広島の皆様に 丸本
15:40 - 16:10 Chime使ってzoomみたいなの作った話 三戸
16:10 - 16:20 休憩
16:20 - 16:30 告知タイム 影浦さん
16:30 - 17:00 AWS の勉強用環境をさらします 永島
17:00 - 17:30 最近やってた案件の話し 安藤
17:30 - 18:00 撤収  

※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります

スピーカー紹介

三戸 鉄也

ウォーディッシュの代表。すごい人。

コロナでリモートワークスタートしたあたりに「Zoomみたいなん作って」って打診があったので作りました。
WebRTCはブラウザ依存のところ大きいけど、electronと組み合わせることで割と自由にアプリが作れるので良いかも知れません。

丸本 健二郎

小売業で頑張ったあとに起業。
AWS Samurai 2018


永島 克彦

広島在住。地元SI企業で2012年からAWSを活用したシステム開発を行なっており、最近はBtoB型SaaS開発の支援がメイン。

勉強用の環境ってどうしてますか?
高額請求の話を聞くと怖くなるし、ハンズオンをしようとするとゴミがあることで変なところで躓いたりもします。
アクセス管理については「ガードレール」っという言葉でいろいろ出てきていますが、個人の環境でそこまでやるとメンドイと感じることもあります。

今回は、私が勉強用環境をどのようにして構築し、利用(検証・ハンズオン)しているかを説明します。
これを知ることで、気軽に「AWS Hands-on for Beginners」のハンズオンを行えるようになります!!

安藤 光昭

広島在住。サイボウズ公認 kintone エバンジェリスト。
AWS Lambdaを中心にServerlessを活用して開発を行っています!


懇親会

終わったら適当にそこら辺で飲みます! 3,000円くらいの予算で。
魚寅かビストロ泡の予定です。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント