JAWS-UGコンテナ支部 #18

イベント内容

【オンライン開催】JAWS-UG コンテナ支部 #18

開催概要

日時:2020年11月20日 (金)
   19:00 〜 コンテナ支部 開始
場所:ライブストリーミングにて配信 (URL など後日更新予定)

今回のコンテナ支部ではLTを募集します!先着順ですので、ご希望の方は奮ってご応募ください。

タイムテーブル

11/18更新:一部タイムスケジュールが変更となりました。

時間 内容 登壇者
19:00~19:10 支部案内など コンテナ支部運営
19:10~19:30 AWS コンテナサービスアップデート 落水さん(アマゾンウェブサービスジャパン )
19:30~19:35 QAタイム
19:35~19:55 ECSからEKSへ移行事例の紹介 大島さん(リクルートマーケティングパートナーズ)
19:55~20:00 QAタイム
20:00~20:10 休憩 ---
20:10~20:20 Meet Developers Where They Are (英語) Pahud Hsieh (Amazon Web Services)
20:20~20:25 QAタイム
20:25~20:30 LT#1: LoadBalancer Controllerの話(仮) @_inductor_ さん
20:30~20:35 LT#2: ECSでGPUを使う 2020年版 @ohsawa0515 さん
20:35~20:40 締めのご挨拶 コンテナ支部運営

*スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。

セッション

1. AWS コンテナサービスアップデート by 落水さん

2020 年の AWS コンテナ関連サービスアップデートについて振り返りたいと思います。

- Bio -

落水 恭介 (Kyosuke Ochimizu) - Specialist Solutions Architect, Containers / Amazon Web Services Japan

ベンチャーで Web サービスの開発に従事し、2018 年に Amazon Web Services Japan に入社。現在はソリューションアーキテクトとして活動中。主に Amazon ECS や Amazon EKS を中心とした、コンテナ関連の課題解決を支援している。

2. 百花繚乱の ECS 構築ツール徹底比較〜あなたの組織に最適なのはどれ? by 濱田 (ハマコー)さん

※※本セッションは登壇者様のご都合により、キャンセルとなりました。次回に乞うご期待!※※

AWS のコンテナオーケストレーターとして ECS の歴史は非常に長くそ機能も充実していますが、反面周辺ツールも数多く存在し、いざ ECS を始めるとき、どのツールが自分たちの組織にとって最適なのか選択に迷いがちです。ECS を構築し管理運用していく観点で、CloudFormation や Terraform などの IaC、CDK、Docker ECS、先日発表された Copilot などのツールを比較しその特徴を抽出することで、皆さんの ECS 運用の手助けとなる情報をお届けします。

- Bio -

濱田孝治 (ハマコー) - MAD(Modern Application Development)チームマネージャー, CX事業本部 / クラスメソッド株式会社 

3. ECSからEKSへ移行事例の紹介 by 大島さん

スタディサプリENGLISHはコンテナオーケストレーションに2015年のサービスリリース当初からECSを使ってきましたが、環境の変化とともに2020年、EKSに移行しました。EKSを採用した背景から全体のアーキテクチャを話した後、Argo CDによるgitops、App Meshを使ったgRPCの負荷分散、Spot Oceanを使ったクラスター管理、EKS FargateのCronJobの事例などを紹介したいと思います。

- Bio -

大島 雅人 - Software Engineer / SRE / リクルートマーケティングパートナーズ

4. Meet Developers Where They Are by Pahud さん

In this session, Pahud Hsieh is going to share some recent updates about the Taiwan CDK Meetup community in Taiwan and how we built and innovated with community developers during the past few months.

(同僚による超訳) 台湾の CDK ミートアップコミュニティでこの数ヶ月に起こったオーサムな出来事を話すぜ・・・!

- Bio -

Pahud Hsieh (謝洪恩) - Developer Advocate / Amazon Web Services

Pahud Hsieh has been working in AWS since 2016 and currently focuses on AWS Serverless, Container and DevTools such as AWS CDK. Before he joined AWS, Pahud Hsieh worked as a Chief Architect in a startup team and led the serverless and containerized development by all-in AWS. He has been very active in AWS CDK contribution including new features from Amazon EKS and Amazon ECS and he is also the co-organizer of Taiwan CDK Meetup community in Taiwan.

(同僚による超訳) 2016年に AWS に入社し、台北を拠点とする AWS のデベロッパーアドボケイトです。現在は主に AWS におけるサーバーレス、コンテナや AWS CDK のような開発者向けツールにフォーカスしています。AWS 以前はスタートアップチームにてチーフアーキテクトを務め、AWS all-in でのサーバーレスやコンテナ化をリードしていました。台湾 CDK ミートアップコミュニティの共同オーガナイザでもある彼は、Amazon EKS や Amazon ECS の新機能を AWS CDK でサポートすることも含め、精力的に AWS CDK へのコントリビューションを行っています。

5. スーパー LT タイム

溢れるコンテナ愛とほとばしる情熱を持つ華麗なスピーカー勢が最高のLTでre:Invent2020の大いなる期待へと繋ぐ。そんなLT大会になる予感がしてなりません。

  • LT#1 LoadBalancer Controllerの話(仮) / @_inductor_ さん
  • LT#2 ECSでGPUを使う 2020年版 / @ohsawa0515 さん

注意事項など

プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

リクルーティング、勧誘、採用活動、人の話を聞かないなど、目的に沿わない行為につきまして、主催者が相応しくないと判断した場合は退出頂き、コンテナ支部を含む他のJAWS-UGの勉強会やイベントへのご参加を禁止する場合があります。参加者全員が気持ちよく過ごすことが出来るよう、ご協力をお願い致します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント