SpringX 超学校 「つくること、食べること、生きること」

参加枠申込形式参加費
超学校ONLINE(現地開催)
先着順 3,000円
現金支払い
超学校ONLINE(オンライン)
先着順 1,000円
現金支払い

イベント内容

SpringX 超学校

つくること、食べること、生きること  

第1回 「ぼくがアフリカの農村から世界を変えようとするわけ」

概要

モザンビークの無電化村に電子マネー経済圏を生みだし、いまやモバイル銀行設立をめざす合田氏ですが、発端はバイオ燃料の原料となる植物の栽培のためにアフリカに向かったことでした。コロナ禍の現在、新潟で馬を使った伝統農法で酒米の栽培を行うなど、日本の地方でも新たな事業に携わりつづけています。国境や業種の垣根を越え、とどまるところを知らない課題解決へのパワーとモチベーションは、いったいどこから来るのでしょうか。未来を見すえるビジョンの根源を訊きだします。

参加費

現地開催 ¥3,000(税込)
オンライン開催 ¥1,000(税込)

支払い方法

クレジットカード決済による事前支払い(参加申し込み時)

▼詳細・お申込みはコチラ▼

https://kc-i.jp/activity/chogakko/food/detail20201203.php

開催日時

2020年12月3日(木) 19:00〜20:30

【開催方法】

現地およびオンライン開催

現地開催:SpringX (グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル2F)

オンライン:Zoomウェビナー

講師

講師:合田 真 氏(日本植物燃料株式会社代表取締役)

1975年長崎生まれ。2000年にバイオ燃料の製造・販売を行う日本植物燃料株式会社を設立後、アジアからアフリカ・モザンビークに事業を拡大。電気も銀行もないアフリカの農村で「電子マネー経済圏」をつくる事業を起ち上げた。最新著『20億人の未来銀行 ニッポンの起業家、電気のないアフリカの村で「電子マネー経済圏」を作る』(日経BP)。 日経ビジネス「世界を動かす日本人50」(2019)。

参加対象

  • 高校生
  • 大学生
  • 一般

ハッシュタグ

#アフリカ

#モザンビーク

#電子マネー