営業のDXを最短で実現する実践法

参加枠申込形式参加費 参加者
一般(BtoB企業様限定)
先着順 無料 0人 / 定員50人

イベント内容

SATORI株式会社 × リコージャパン株式会社presents

営業のDXを最短で実現する実践法

概要

昨冬に流行り始めた新型コロナウイルスの終息が見えないなか、冬が再び迫っています。
コロナ禍は様々なビジネス面の変革を引き起こしており、従来の対面営業をデジタルシフトし、オンラインでのリード創出を今後のマーケティング戦略の中心に据えられている企業様も多くいらっしゃいます。

営業のデジタルシフトのためのツールとして真っ先に挙げられるのがMA(マーケティングオートメーション)ツールで、弊社でも多くのご相談を頂いております。 しかしながら、ツールの導入が目的化しているケースもしばしば見受けられます。闇雲にツールだけ導入しても、意味がないどころか、かえって余計な時間やコストがかかってしまい逆効果となりやすいのがMAツールです。MAツールの開発とそれを活用したマーケティングを実践しているSATORI社とリコージャパンが営業のDXを最短で実現する実践法をご紹介します。
実体験に基づき、わかりやすくご紹介いたしますのでぜひ参考にしてください。

タイムスケジュール

時間 内容
15:00〜15:30

営業効率化と商談数UPを同時に叶えるMAツール活用法とは

SATORI株式会社マーケティング営業部パートナーグループ
セールス 谷 博文(たに ひろふみ)

マーケティング・営業部門の DXにおいて需要の高まるマーケティングオートメーション( MA)ツール。
本セッションでは、マーケティング部門と営業部門の連携を強め、効率的な商談創出を成功させる MA活用法を
国産 MAツール「 SATORI」が自社の営業ノウハウをもとに解説します。

15:30〜16:00

リコージャパンでのMA活用実践方法

リコージャパン株式会社 デジタルビジネス事業本部
シニアスペシャリスト 嘉藤田 潔(かとうだ きよし)

リコージャパンでは長年営業・マーケティングのDXに取り組み、近年成果を出せるようになってきました。自社での実践をベースにして、営業・マーケティングのDXを実現するためのソリューションを開発しています。
 
デジタルビジネス事業本部でWebマーケティングシステムのプロダクトマネージャー兼マーケティング責任者である嘉藤田より、リコージャパンでのマーケティングオートメーションの実践内容とそこから得た使いこなしのポイントを説明します。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

SATORI谷博文

谷 博文(たに ひろふみ)

SATORI株式会社マーケティング営業部パートナーグループ
セールス

大学卒業後、外資・国内金融機関で、セールス・CRMを担当。

その後広告代理店で、金融を中心に幅広い業界でインターネットマーケティングを支援。 2019年~SATORI株式会社へ参画。
 

 

リコージャパン嘉藤田潔

嘉藤田 潔(かとうだ きよし)   Twitter

リコージャパン株式会社 デジタルビジネス事業本部
シニアスペシャリスト

1988年リコー入社以来一貫して新規事業の立ち上げに関わる。
2006年からの5年間のアメリカ駐在時に最先端のデジタルマーケティングに触れ、日本の遅れを痛感して以来、日本におけるデジタルマーケティングの普及に努めている。
現在Webマーケティングシステムである「B2Bマーケティングドライバー」のプロダクトマネージャーを務める。

参加対象

経営者様、経営企画に携わる方、新規事業ご担当者様、営業統括、マーケティング部門ご担当者様、営業・企画・提案・プロジェクト推進する社員様

※同業他社と判断される場合には参加をおことわりさせて頂くことがございます。

持ち物

なし

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

本イベントは終了しました