Future Tech Night #5 〜AWS&Data Platform MaaS 技術編

AWS

イベント内容

経営とITをデザインするフューチャーの勉強会です

Future Tech Night 第5弾は AWS & Data Platformです。MaaSを推進するお客様に対しマネージドサービスをフル活用した構築事例を説明します。

データレイクとは、PentahoのCTOであるJames Dixonによって2010年頃に提唱された、すべての構造化データと非構造化データを保存し一元化されたリポジトリのことです。昨今、様々な企業でデータレイクが利用されています。

しかし、いざデータレイクを運用すると、溜めたデータを「どのような方法で利用者に届けるのか?」「安全に届けるためには何を考慮すればよいのか?」といった問題に直面します。今回は実際の構築事例を元にこの問題の一つの解決方法をお伝えします。

こんな方におすすめ

  • ITエンジニアの方(特にサーバサイドに興味がある方)
  • AWSでのデータ基盤に対する分散処理・リアルタイム処理や、蓄積したデータの活用方法に興味がある方
  • データレイク、データマートの使い分けにお悩みの方

講演内容(予定)

  1. フューチャーとTechnology Innovation Groupの紹介
  2. Data Platformの構築のポイント
    • 巨大データをData Lakeに届けるために構築した仕組み
    • リアルタイムデータの蓄積方法
    • 異なる形式のデータを溜め込むためのベストプラクティス
  3. Platformで蓄積したデータの提供方法
    • 認可として考慮するポイント
    • 流量制御の仕組み
    • データ利用ユーザの利便性に対する考慮

<主な採用技術>

  • Go/Python/Java(SpringBoot)
  • AWS/Glue2.0(PySpark)/DynamoDB/Kinesis/ECS/Airflow
  • サーバレスアーキテクチャ

日時・開催方法

  • 日付:2020/11/25(水)
  • 時間:19:00~20:00(18:50から受付開始)
  • 開催:オンラインのみ

※開始30分前までに招待メールを送りますので、5分前までに接続を完了してください。

スケジュール

  • 18:50~19:00  受付
  • 19:00~19:50  セミナー
  • 19:50~20:00  質問会

参加費

無料

申し込み方法

本ページより、イベントにお申し込み下さい。

注意点

お申し込み時にいただいた個人情報(以下「個人情報」といいます)は、当社が個人情報保護法に基づき適正に管理し、セミナーの実施またはご連絡、お問合わせにお答えすること、その他これらの業務上必要な範囲でのみ利用いたします。なお当日の写真・動画などは、当社のWEBサイト等で使用させていただく場合がございます。

当社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)は、プライバシーポリシー個人情報の取り扱いについて をご参照ください。なお、個人情報の開示、訂正、追加、削除等を希望される場合には、リンクに記載の連絡先宛にご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント