【ちょっとだけ増枠】VRヘッドセットが無い方/使わない方限定のNeosVRプログラミング入門

イベント内容

本イベントは、フルリモートかつNeosVR内での開催となります
申込された方は、本ページ「参加者への情報」欄の事前準備をお願いします

※開催当日の様子は、こんな感じでした

image.png

image.png

image.png

image.png

VRヘッドセットが無い方/使わない方限定のNeosVRプログラミング入門

VRを初めたばかりの方は、それなりに高価なVRヘッドセット(HMD)を購入するかどうかの踏ん切りや腹括りが最初は付かないものです

NeosVRは、HMDが無くてもプログラミングが可能ですが、操作方法にHMDと異なる部分があったり、コツが必要なため、この会では、HMD無しのNeosVRプログラミングのやり方について共有します

タイムテーブル

※参加者の皆さんの進み次第で、時間は前後する可能性があります

時間 内容
19:00~19:30 ワールド来場(NeosVRログイン、フレンド申請、ワールドjoin)
19:30~19:50 NeosVRデスクトップモードの基本操作(移動、向き、フォーカス)
19:50~20:10 オブジェクトの拡大・縮小/回転・複製・削除
20:10~20:30 DevToolTipのロード → 装備 → Box作成 → インスペクタ操作
20:30~20:50 LogiXTipのロード → 装備 → LogiXノード解説 → LogiXノード生成
20:50~21:10 LogiXノードの連結(足し算、掛け算、時刻、カラー)
20:10~21:30 Boxのslotに連結(ゲーミングBoxを作る、Boxを回す)
21:30~ 解散(でも多分、NeosVRで遊んでいく可能性大w)

参加条件、持ち物

  • 事前準備を済ませた方のみ、ご参加可能となります
  • VRヘッドセット(HMD)は不要です ※なお、この会ではHMD無の方を優先的にサポートします
  • NeosVRが遅い/重い方は、下記PC要件以上をご準備いただく必要があります

image.png

「NeosVR reso」とは?

NeosVR resoは、NeosVR内から一歩も出ずにVRのプログラミングができる「LogiX」のHTTP GET/POSTやWebSocketを使って、VRワールドからNeosVRの外の「現実」にサーバ経由やIoT経由で干渉したり、VRとAI・MLを連動させたり、NeosVRオブジェクトをAR化することで現実改変することを通して、VRだけでも、現実だけでも、実現しない共振を起こすような活動を行っていきます

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

第28回 CoderDojo白河

白河市北堀切30-2 アヴァンツァート新白河105 白河未来研究室

13:30 〜15:30

Doorkeeper

2月 13 SAT