メルカリからBtoBスタートアップへ転身した、ふたりのPdMが語る 「世の中を変える!これからのプロダクトマネジメント方法論」

参加枠申込形式参加費
視聴枠
先着順 無料

イベント内容

世の中を変える!これからのプロダクトマネジメント方法論

概要

メルカリからBtoBスタートアップへ転身した、ふたりのPdMが「ミッション/プロダクト/チームを“つなぐ”、これからのプロダクトマネジャーに求められる役割とマインドセット」について語ります。

プロダクトマネジャー(PdM/PM)に求められる役割は、事業領域や事業内容によってさまざまです。会社のミッション、プロダクト、チームをつなぐ存在でもあるPdMは、同じ会社のなかでも事業フェーズの変化によって、刻々とその役割、存在価値が変わっていきます。

事業フェーズの変化とともに、新しい課題が勃発し【未知・未経験の状況】に悩むPdMも少なくありません。特に、社会課題・業界課題のような、今まで誰も解決できていなかった問題に、新しいテクノロジーを活用して取り組むスタートアップでは、挑戦のしがいはあるものの、【不確実性の高い長期戦・耐久戦】を強いられます。

そのような環境下で、PdMはいかにしてプロダクト・ロードマップを策定し、チームを奮い立たせ、会社のミッション・ビジョンの実現へと導くのか。

本イベントでは【元メルカリ】のふたりのPdMが、事業領域も事業フェーズも異なる【BtoBのスタートアップ】へ転身して感じた、これからのPdMに求められる役割や立ち回り、求められるマインドセットについて議論します。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00 - 19:15 オープニング、自己紹介
19:15 - 20:10 パネルディスカッション
20:10 - 20:20 QA
20:20 - 20:30 クロージング

※ スケジュールは一部変更する可能性があります

開催日前日に応募者の方にZoom WebinarのURLとパスワードをお送りいたします

モデレーター

増井

増井 雄一郎

元トレタ共同創業者・CTO/Product Founder & Engineer

「風呂グラマー」の愛称で呼ばれ、トレタやミイルを始めとしたB2C、B2Bプロダクトの開発、業界著名人へのインタビューや年30回を超える講演、オープンソースへの関わりなど、外部へ向けた発信を積極的に行なっている。
「ムダに動いて、面白い事を見つけて、自分で手を動かして、咀嚼して、他人を巻き込んで、新しい物を楽しんで作る」を信条に日夜模索中。

日米で計4回の起業をしたのち、2018年10月に独立し"Product Founder"として広くプロダクトの開発に関わる。
2019年7月より株式会社Bloom&Co.に所属。
趣味は、最近始めたDJ。呼ばれればどこでも行きます。

登壇者

宮田

宮田 大督(ミヤタ ダイスケ)
株式会社エクサウィザーズ プロダクトマネジャー

大学で情報工学コンピューターグラフィックを、大学院ではメディアアートを学び、2008年に新卒でエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下、NTT)に入社。 WebディレクターやPMとして、大規模プロジェクトや新規プロジェクトに携わる。 その後は楽天株式会社(以下、楽天)に転職し、楽天トラベルや楽天市場、新規サービスのプロジェクトなどに従事。2度目の転職で株式会社メルカリ(以下、メルカリ)に入社し、プロダクトマネジャー兼UXリサーチャーとしてフリマアプリ「メルカリ」の初期のグロースや決済サービス「メルペイ」の立ち上げなどに関わる。 そして2020年1月、エクサウィザーズ(以下、当社)に入社。現在はUXデザイナー/プロダクトマネジャーとして、デザイングループ・技術統括部・プロダクト開発部などの複数部署にまたがり、社会課題を解決するプロダクト開発と再現性の高いチーム作りを目指して奔走中。

 

大橋

大橋 奎哉(オオハシ ケイヤ)
株式会社アペルザ サービス企画 マネージャー

早稲田大学 社会科学部卒業。新卒でGREEに入社し、子会社のレッスンパスで経営・サービス開発部部長・企画マネージャーを兼務し、新規事業として立ち上げたサブスクリプションサービス「Lespas」を運営。その後メルカリ/メルペイ等でUSメルカリのBuyerUXチーム(アメリカでの顧客調査の実施、レポートの作成、調査結果を基にした企画を担当)、JPのメルカリのGrowthチーム(各種In-appマーケ施策の実施、アプリ内Growth施策の実施を担当)に所属。
キャリアは一貫してProductManager職として、企画や事業推進を担当。
製造業に特化したITサービスを提供している株式会社アペルザでサービス企画に所属。
ITを通して世の中のGAPを埋めていきたい。

参加対象

・スタートアップやB2Bのプロダクトにおけるプロダクトマネジメントに興味関心があり、他社のプロダクトマネジャー(PdM/PM)・プロダクトオーナー(PO)の働き方やベストプラクティスに興味がある方
・プロダクトやサービスを通じて、社会や業界の課題を解決したい、大きなインパクトを生み出したいと思っているプロダクトマネジャー(PdM/PM)・プロダクトオーナー(PO)の方
・会社のミッションやビジョン(目指す将来像)と、手元のプロダクトや取り組みのギャップに悩んでいるプロダクトマネジャー(PdM/PM)・プロダクトオーナー(PO)の方

参加費

無料

本イベントは終了しました

類似しているイベント