【2月25日(木)開催】fabbit Conference 地方創生 ~スタートアップと自治体が描くビジネスモデル~

参加枠申込形式参加費
先着順
先着順 無料

イベント内容

fabbitとは

コワーキングスペースの運営を軸に、スタートアップ企業やベンチャー企業の支援を通じて新たなビジネスモデルを創出するとともに、スタートアップ企業や企業の第二創業において「新たな価値を生み出すこと」「グローバルマーケットへチャレンジすること」を支援すべく、日々活動しております。

「fabbit Conference」は、この活動の一環として毎月開催しており、毎回、上場企業社長や入居者をはじめとするスタートアップ企業など、多彩な講演者にご登壇いただいております。

概要

第44回目となるfabbit Conferenceのテーマは、"地方創生"です。
昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ワーケーションなどのワークスタイルの多様化や、本社機能の地方への移転など、多くの企業が郊外・地方に焦点を当てる機会が多くなっています。その一方で地方自治体は、企業との連携を通じた関係人口の増加を目指すなど、自治体と企業との連携が地方創生の大きなカギとなっています。内閣府による発表でも令和3年度の地方創生推進交付金に1000憶円の予算が組まれる予定で、地方自治体の新たな取り組みに着目しているスタートアップ企業も多いのではないでしょうか?

そこで今回のConferenceでは、「スタートアップ企業と自治体の連携」と「地方創生のビジネスモデル」に注目し、地方創生ビジネスの仕組みや成功事例、自治体が取り組むスタートアップ支援事業の実態などを探り、スタートアップ企業、地方自治体のそれぞれの立場から「地方創生ビジネス」のリアルに迫ります。

【プログラム】
第一部:パネルディスカッション
地方創生に関わるスタートアップ企業・自治体関係者などの各分野から登壇者をお招きします。双方が連携して取り組んだ地方創生ビジネスの実践事例や地方自治体で実施されている企業支援事業の詳細など、スタートアップと自治体が連携するビジネスモデルについて詳しく伺っていきます。

<パネリスト>

株式会社 和み 代表取締役 古田 高士 氏
KiQ Robotics 株式会社 代表取締役CEO 滝本 隆 氏
北九州市 産業経済局 雇用・生産性改革推進部 スタートアップ推進課 課長 上野信成 氏


第二部:上場企業社長セミナー
地方創生という観点で、地方と都市部双方でご活躍されてきた立場から経営戦略の相違点や上場に導くまでの歩みなどについてお話を伺います。上場を目指す若手経営者の方はもちろん、ビジネスマン、学生の方にとっても今後のヒントをつかんでいただける必見のセミナーです。


モデレーターは第一部、第二部ともに、株式会社システムソフトのアドバイザリー・ボード・メンバー、元シティグループ証券副社長、慶応義塾大学大学院非常勤講師、東京ニュービジネス協議会(NBC)理事など多岐に渡り活躍しておられるボードウォーク・キャピタル株式会社 代表取締役社長CEO 那珂 通雅氏です。

【このような方におススメ】
・地方創生で自治体と連携したいスタートアップ企業
・自社事業で地域活性化を目指したい経営者
・自治体が取り組む企業支援を利用したい企業の担当者
・新たな取り組みで地域活性化を目指したい地方自治体の担当者

当日は視聴者のみなさまからの質問もZOOM内で随時受け付けております。在宅中、移動中でもお気軽にご視聴いただけますので、奮ってご参加ください。
新たなビジネスモデル実現への第一歩を踏み出したい方は必見のイベントです!

【開催概要】
・日時:2021年2月25日(火)18:00~20:00

・主催:fabbit事務局

・参加費:無料(事前申込制)

申込:https://bit.ly/36M9UhQ

※techplayよりお申込み頂いても本イベントの参加申し込みは完了となりません。

必ず上記URLよりお申込みをお願い致します。

fabbitイベントページ:https://fabbit.co.jp/event/

本イベントは終了しました

類似しているイベント