PSR入学式-1 オンライン(B枠)

PHP

イベント内容

PHP-FIGによって勧告されたPSR(PHP標準勧告)に準拠したパッケージを活用して一からWebアプリを構築しましょう。

このハンズオンは回数未定ですが隔週水曜の開催を予定しています。

このイベントはPSR入学式-1 オンライン(A枠)と同内容です。

進めかた

Discordを用意しているので、当日の時間になったらビデオ通話で行ないます。

PSRを学ぶとはどういうことか

PSRは単なるコーディングルールのように見られがちですが、その実態はフレームワークがこれまで独自に作ってきたモジュールを相互に運用できるようにするための規約の集まりです。

その中には特にHTTP、ロガー、キャッシュなどに関するインターフェイスが定義されており、Packagistにはその仕様に合わせて実装されたライブラリが多く公開されています。

今回の「PSR入学式」では、一からPSRで決められた仕様やそれ以外の便利なパッケージを組み合わせながらPHPプロジェクトを開発し、フレームワークを使わずにWebアプリケーションを構築することを試みます。

第一回の内容(予定)

  1. php -S の起動方法
  2. Composerプロジェクトの作成
  3. コードフォーマッタの設定 (PSR-12)
  4. PSR-7とPSR-15の初歩

対象参加者

  • 初心者枠
    • PHPで基本的なWeb開発ができること
      • フレームワーク使用の有無は問いません
    • PHP 7.4または8.0の開発環境を用意できること
    • gitコマンドまたはGitHub Desktopが使用可能であること
  • 参加者枠
    • PHPについての中級者程度以上の理解があること
    • Composerの基本的な使い方(require, autoload)を知っていること
  • ガヤ・サポート枠
    • PHPについて周りの参加者をサポートできること
    • 説明の不明瞭な点について突っ込みを入れてください
  • 見学枠
    • サポート不要で見学だけしたい方のための枠です
    • 参加要件は特にありません
    • 見学枠だからコメントするなとかそういう感じではないのでご安心ください

難しい実装というよりは、既存の便利なパッケージを追加していったり、インターフェイスやライブラリの仕様を読み解きながらパズルのようにクラスを組み立てていくことになると思います。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント