情報漏えいを防げ! リモートワークセキュリティ対策のお話 ~インシデント発生前に情シスが押さえておくべきポイントは?~

参加枠申込形式参加費 参加者
MCore申込
先着順 無料 0人 / 定員30人

イベント内容

外部デバイス接続による情報漏えいのリスク

テレワークが普及し、社外への端末持ち出しが増えた企業も多いのではないでしょうか?
社外で業務を行う際にUSBメモリやカードリーダーなど私用デバイスを社用PCに接続することで、情報漏えいのリスクが高まります。

社外への端末持ち出し、外部デバイス紛失における課題は

社外で業務を行う上で、

    業務用端末の紛失による情報漏えい
    私用のUSBメモリ接続によるデータ盗難、マルウェア感染

というリスクがあります。社内と同じセキュリティ一ポリシーで運用していることが1つの原因と言えます。社内外で異なるポリシーを設定し、テレワーク時の情報保護を強化するにはどうすればよいのでしょうか?
テレワーク下でも安全に外部デバイスを運用するには?

本セミナーでは、テレワークで社外に端末を持ち出すリスクや、外部デバイスの管理・制御の考え方を解説します。外部デバイス制御機能、BitLocker管理機能などを有する「MCore」の機能紹介と製品デモも行います。

こんな人にオススメ

    社員のUSBメモリ利用を制御できずに困っている
    端末に接続できるUSBと接続できないUSBの管理が煩雑になっている
    業務形態の特性上、社外に端末持ち出しが必須だが、セキュリティ強化と運用効率化の両立ができていない

タイムスケジュール

13:40
会議室オープン

14:00
開始

14:00~15:00
資料とデモを用いてのご説明(40分)
質疑応答(20分)

15:00
終了予定



お申込み

弊社HPよりお申込みください。

対象
・コロナ禍での強制在宅勤務でのセキュリティ対策に課題をお持ちの方
・テレワーク環境下における稼働状況並びに業務効率に課題をお持ちの方



参加費
無料

形式
本ウェビナーへの参加方法等は、開催日が近づきましたら別途ご連絡いたします。
PC推奨環境
下記の環境を推奨いたします。

OS
Microsoft(R) Windows(R) Windows 10
Mac OS X(10.4以上)
ブラウザ
Microsoft Edge(RS2以降、Chromiumベースの最新バージョンと、その前の2つのバージョン)
Google Chrome(最新バージョンと、その前の2バージョン)

注意事項
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

本イベントは終了しました

類似しているイベント