5/20(木)開催 マクニカネットワークス&Contentserv共催ウェビナー【顧客志向の商品体験でECビジネスを変革する】〜まず取り組むべき商品コンテンツの管理・AIを活用した商品データ資産の構築〜

参加枠申込形式参加費 参加者
なし
先着順 無料 2人 / 定員40人

イベント内容

【顧客志向の商品体験でECビジネスを変革する】
~まず取り組むべき商品コンテンツの管理・AIを活用した商品データ資産の構築~

コロナの影響でEC売上比率がますます上がる中、デジタルチャネルでの商品体験が差別化を実現するメインの要素となっています。皆さんの会社では、どのように商品情報とマーケティングアセットを制作し、活用していますか?ネットで買い物する人の75%は、商品の画像が購買の意思決定に大きな影響を与えると回答しています。そのコンテンツ、顧客の感情に響いていますか? EC成功の秘訣は、データ資産の充実化、コンテンツの管理体系の見直しです。

そしてECにおける商品体験の向上・購買機会創出に直結する商品データの充実化を実現するためには、まず商品データを資産として構築しなければなりません。しかし、商品データ資産を構築し、常に最新ステータスに保ち続けるためには、「人的な工数負荷がかかる」、「業務が属人化している」等の様々な課題が浮上します。

本ウェビナーでは、
・顧客に選ばれる商品体験の創出をサポートする商品情報管理サービス
・商品データ資産を構築する商品登録業務の自動化AIサービス
の2本立てでご案内します。

<開催概要>
・2021年5月20日(木)15:00~16:00
・配信方法:Zoomによるライブ配信
・定員:40名
・申込:マクニカネットワークスの申込ページにて ->  https://bit.ly/3v9iZen

<アジェンダ>

・顧客に選ばれるための商品体験管理(デモ編)
デジタル化がますます加速し、お客様のニーズも日々変化する中、多くの企業が営業・マーケティングのデジタル化に取り組み始めているかと思います。一方で、取り組みを進める中では、散在する商品データ、分断されたプロセス、非効率なメンテナンス作業など、様々な課題に直面されているケースも多いのではないでしょうか。これらの課題を解決するための商品情報管理の仕組みを、デモを交えてご紹介いたします。

講師:
株式会社Contentserv セールスマネジャー
小菅 徹哉

・DXの軸を作る!商品データ資産構築へのAI活用
顧客の購買機会を最大化する為には、
・商品点数
・商品情報量
を商品データ資産として拡張し、それらの情報を活用して効果的なマーケティングや営業施策を打つことが重要です。しかし、商品データ資産の拡張に比例して商品登録業務の工数も増加してしまっては本末転倒です。商品データ資産の拡張・商品登録を自動化するフルカスタマイズAIサービスを、デモと実例を交えながらご紹介致します。

講師:
マクニカネットワークス株式会社 AIビジネス部
阪田 陽樹

<こんな方におすすめ>

  • EC、小売、卸業のお客様
  • 営業・マーケティング担当のお客様
  • IT、DX及びAIの自社導入の検討をされているお客様
  • 経営企画を行われているお客様



※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
ハッシュタグ
#contentserv #PIM #DAM #macnicanetworks #crowdanalytix #商品情報管理 #デジタルアセット管理 #AI #商品マスタ

注意事項
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社Contentserv
イベント事務局
marketing\_jp@contentserv.com

類似しているイベント