【無料:オンライン】歴史で学ぶ統計セミナー【別日開催あり】

参加枠申込形式参加費 参加者
セミナー受講
先着順 無料 17人 / 定員20人

イベント内容

概要

統計学の重要性を歴史から学ぶ



「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」、ドイツを統一に導いたオットー・フォン・ビスマルクの有名な言葉ですが、何事も歴史を学ぶことで物事の本質や成り立ちを理解することができます。
これは情報が溢れかえっている現代においても同様で、なぜ統計学が必要とされたのか、いつから教育に統計を重要視されるようになったのか、その理由など、抑えるべきポイントは歴史にあります。

 正確に情報を読み解くことや、客観的に物事を捉えるスキルが今まで以上に必須のスキルとして求められ、実際に教育指導要領の改正も行われています。
統計学やデータ分析の教育必修化の波が広がってきているにもかかわらず、現状は多くの方が統計学を必修科目として履修していません。
こうした、統計教育のギャップを埋め、体系的に統計学やデータ分析を学ぶために「統計検定」という資格試験が作られました。
 
 本セミナーでは統計検定3級、2級取得を目指している方や今後統計学を体系的に(あるいは試しに)学んでいきたい方向けに、日本における統計学の歴史から始まり、**「楽しんで学ぶこと」**をモットーに統計学の概要を説明していきます。
さらに、統計検定の試験問題は正誤問題が多く、「正しく情報がつかめているか否か」を測る指標として非常に有効です。
こうした統計検定を使った統計学の効率のよい学び方についてもご紹介します。

確率的思考の重要性を認識する

 普段、あまり意識されない「確率」という概念。統計検定の試験問題では、必ず確率の問題が出題されます。
不確かな事柄が溢れているビジネスや日常生活においては、常に成功確率の高い選択肢を迫られます。
こうした確率的な考え方(確率的思考)を鍛えるためにどうすればいいのか、そして、確率と実際のデータ分析との関係について解説していきます。



本セミナーは別日にも開催しております。
スケジュールが合わない場合は弊社Webページ(こちら)から他日程をご確認ください。

セミナー内容

・日本における統計学の歴史
・データの読み解き方、意識の向け方
・確率的思考の重要性や考え方
・資格試験のための統計学の学び方
※質問内容やディスカッション内容により、上記内容は変更となることがあります。

講師

岡本 健太郎

岡本 健太郎

数理学博士(九州大学)

ドイツのチュービンゲン大学で研究員として滞在。帰国後は日本学術振興会の特別研究員として様々な分野の研究者との交流を深め、血管の数理モデルの構築など、純粋数学から応用数学にかけて研究を行う。また「数学」を使ったアート活動を通して、数学の有用性だけでなく美しさや魅力について積極的に発信。
<所属学会>
日本数学会、日本アクチュアリー会

※講師は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

受講対象

・歴史を通して集計や分析の重要性を認識したい方
・統計的な考え方がどんなものか知りたい
・統計検定(2級,3級)の資格取得を目指す方
・確率的思考の重要性を認識したい方
・統計初心者にも効率の良い勉強方法が知りたい
・統計に興味があるけれど、内容がイメージできない など

必要事項

zoomを用いてセミナーを行いますので、ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。

ご参加にあたって(必ずご確認ください)

■開催当日は、以下の手順でご入場いただけます。

  1. メニューよりマイページの「参加申込イベント」を選択
  2. 本セミナーの「詳細ページへ」を選択
  3. セミナー詳細ページの「オンライン配信情報」にある【配信ページを表示】ボタンを押すとzoomの会場ページに繋がります。

■開場は開催の約15分前となります。それ以前のご入場はお控え下さい。
■開催当日の電話対応はできかねます。お問合せはメール、もしくはお問合せフォームよりお願い致します。
■iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。

参加費

~~3,000~~円 → 期間限定 無料

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち、補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。

類似しているイベント