【参加無料】株式会社NTTデータ登壇!ユーザ企業とITベンダが「経産省 DXレポート2」を紐解く

参加枠申込形式参加費 参加者
事前登録
先着順 無料 0人 / 定員100人

イベント内容

無料申し込みはこちら>>

■講演情報■
5月21日(金) 11:30~12:20
『ユーザ企業とITベンダが勝手に語る「経産省 DXレポート2」-日本企業に必要なデジタルシフト』

2020年12月、経済産業省から「DXレポート2」が公開されました。レポートでは95%の企業が未だDXを進められていないとしながら、DX推進に向けたアクションを3つのタイムスケール(超短期、短期、中長期)で紹介しています。

デジタルの現場で生きる我々はこれをどう受け止め、DXを推進・加速させていけばよいのでしょうか。

本セッションでは、ユーザ企業で自社のDXをリードする識者をお招きし、NTTデータ(4,000を超える企業のDXを支援してきたITベンダ)との対談形式で、「DXレポート2」を紐解いていきます。

私達が挑むべきDX推進のヒント満載の50分、是非ご視聴下さい。<<https://winactor.com/>>

■登壇者■
中川 拓也 氏
株式会社NTTデータ
社会基盤ソリューション事業本部 RPAソリューション担当部長

-経歴-
2009年 自社利用限定のOCRエンジンを使い 、新商品「Prexifort-OCR」を開発
2014年 いち早くRPAの可能性に着目し、純国産のRPAツール「WinActor」を展開、国内市場シェア1位獲得
現在は4,300社へのRPA提供や、数十億規模の新規事業を複数立ち上げた実績を元に、RPAや新規ビジネスに関する執筆・講演活動に従事

「JISA情報サービス産業白書」や、「日経BPムック まるわかり!RPA」、「RPA総覧」などでRPAについて解説、「日経新聞ムック RPA ホワイトカラー革命」、「WinActor実践ガイド」監修
<<http://winactor.com>>



▶『Digital Shift EXPO 2021』(本イベント)について
感染症の流行により新たな日常となってきた今、次なるステージへの進化を余儀なくされております。

今回のテーマは『DX最先端企業の現場から学ぶ』です。
今のあなたが必要としている情報がここには詰まっています。

『このような状況下の今こそ、日々発生する課題をデジタルの力で助けたい。』
オンラインだからこそ実現可能となる、分野の垣根を超えたさまざまな最新技術と出会う機会を創出するため、デジタルトランスフォーメーションに必要な情報が集結するオンライン展示会『Digital Shift EXPO2021』を開催いたします。

本イベントでの新たな出会いを通して、少しでも日々の課題が解決されると幸いです。

▶このような方にオススメ
・ニューノーマル時代に対応した新たな取り組みを行いたいと考えている方
・DXやデジタルシフトの情報収集を行いたい方
・DXに成功している他社事例を知りたい方
etc

▶開催概要
日時:2021年5月20日(木)・21日(金) 10:00~17:00
会場:オンライン配信
参加費:無料(事前登録制)
運営主体:Digital Shift EXPO実行委員会
主催 北見市IoT推進ラボ
後援:経済産業省/独立行政法人情報処理推進機構(IPA)/北見市
公式ページ:https://pages.i-enter.co.jp/digitalshiftexpo2021.html



▶申し込み方法
公式ページより事前登録フォームにお進みいただき、申込をお願いいたします。
 ∟事前登録後の自動返信メールにログインURLが記載されています
 ∟ログイン後、スケジュールページで視聴希望講演の選択をお願いいたします

類似しているイベント