組み込み機器がクラウドと繋がることの課題と基本的な対策

参加枠申込形式参加費 参加者
無料参加者枠
先着順 無料 3人 / 定員50人

イベント内容

組み込み機器がクラウドと繋がることの課題と基本的な対策

概要

この数年、ネットワークに接続したパソコンやサーバーだけでなく、事務機器や医療機器などでのサイバーセキュリティ事故についてのニュースが報道されるようになってきました。ネットワークに繋がる組み込み機器の代表的な構成とその変遷、機器だけではなく関連するサービスを含めたビジネスモデルの変化に伴い、セキュリティリスクが増大しています。

開発者だけでなく経営者の観点からも見逃せない気になるデータを参照しながら、安全や品質対策の観点とセキュリティ対策の観点とのギャップを整理しつつ、ギャップを埋めるために有用なソフトウェアやシステムを検証するための手法や技術、検証の実践方法について議論します。

主な内容

  • 組み込み機器の構成や提供サービスの変遷とセキュリティリスクの整理
  • 安全でセキュアな製品の開発と検証に有用な手法や技術とその実践方法
  • シノプシスが提供するセキュアな製品開発のためのツールと利用例
  • Q&A

※本セミナーは2020年6月に開催した同タイトルの再放送となります。

登壇者

image

中野 哲也

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア インテグリティ グループ
シニア セキュリティ エンジニア

登壇者略歴

制御系ソフトウェアシステム設計・開発エンジニアとしてシステムインテグレータに従事した後、ネットワークおよびセキュリティ分野でセールス・エンジニアとしてネットワーク/ITインフラやネットワーク・セキュリティ製品のビジネスに関わる。
-   情報セキュリティアドミニストレータ
-   CISSP

参加対象

  • セキュリティ・エンジニア
  • ソフトウェア・エンジニア
  • テスト・エンジニア

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。
本イベントは終了しました

類似しているイベント