【学生限定】ネイティブアプリを作る「Flutter入門講座」〜初/中級編〜

参加枠申込形式参加費 参加者
学生参加枠
先着順 無料 2人 / 定員10人

イベント内容

イベント概要

AndroidやiOS向けのアプリ開発に注力している方には、
どちらの開発も行える「Flutter」にも関心を持っている方が多いのではないかと思います。

しかし、
「他の言語と比較して、参考になるものが少ない…」
「ドキュメントが大体英語で書いてある…」

などなど、
なかなかとっつきづらく、学習を敬遠してしまっている学生さんも
多いのではないでしょうか?

そこで弊社では、有名サービスへのFlutter導入を先導したテックリードから
ハンズオン形式で学べる全3回Flutterの技術勉強会を開催いたします。

2回目は、実際にFlutterを用いて
簡単なアプリ開発を行う初〜中級編です。

初回の勉強会に参加いただいた方はもちろん、
Flutterを用いたアプリ開発に関心のある方はぜひご参加ください!

※キャリアセレクト会員限定で初回の勉強会動画も共有いたします。
希望される方は、アンケートから希望する旨をご入力ください。

第二回の内容

  • アプリを構成するパーツ、Widgetについて
  • StatelessWidgetとStatefulWidgetについて
  • Todoアプリを作ってみる

勉強会のスケジュール

①Flutterとは?Dartの基本(5月28日 開催)
②Todoアプリを作ってみよう(6月14日 開催)
③現場で使える状態管理手法の解説(6月25日 開催)

合計3回の勉強会を通して、

  • アイデアをすぐにiOS/Android両方で実働するアプリにする
  • ハンズオンを通して、実務でも使う基礎概念を学ぶ
  • 実務レベルの設計論を学んで、現場でも即戦力になるレベルの設計力を手に入れる

上記3点を、身につけていただく予定です。

こんな方にオススメ

  • モバイルアプリ開発に注力しており、Flutterにも関心のある方
  • 実務経験豊富なエンジニアからFlutterを学びたい方
  • Flutterを独学で学んでおり、理解を深めたい方

当日の詳細

<日時>
2021年6月14日(月)
18:30-20:30

<場所>
Zoomを用いて講義を配信予定です。
(エントリー後、URL等を共有させていただきます)

<参加費>
無料

<持ち物>
・PC

<共有事項>
・環境構築などの質問を取るために、事前に参加者をSlackへ招待致します。
事前の環境構築が整っていない方は、当日、十分にサポートできない可能性がございますので予めご認識のほどお願いいたします。

<参加対象>
学生(学年不問)

事前準備に関して

開発環境構築

事前にFlutterアプリケーション開発ができる環境を整えてください。
Flutter 2.0以上のバージョンを使用します。
参考サイト1
参考サイト2

iOSまたはAndroidのアプリケーションをビルドできることを確認しておいてください。

エディタまたはIDEはお好きなものを用意してください。
講師はIntelliJ IDEAにFlutter Pluginをインストールしたものを使用して説明を行います。

※事前に講師へ質問できるslackルームなどで、環境構築の質問も可能ですので、
環境構築に不安のある方はお早めにエントリーください。

Dart初心者の方へ

第2回目以降はDartの説明を行いません。
Dartの経験が少ない方は、お手数ですが以下のドキュメントを参考に、
事前に学習いただけますと幸いです。
参考サイト1
参考サイト2

当日のタイムスケジュール

ガイダンス (10分)
勉強会 (60分~90分)
質疑応答 (10分)

講師紹介

菊池 紘

株式会社Diverse モバイルアプリケーションエンジニア
リードエンジニアとして社内エンジニアの技術力向上、
社外への技術力のアピールなどを行う。
2014年に株式会社ミクシィ入社後、株式会社Diverseへ転籍、今に至る。
主に扱う技術、言語は、Flutter, Dart, Kotlin, Java, Swift, JavaScriptなど。

【そのほか経歴】
カンファレンス登壇: DroidKaigi 2019/2020(イベント中止), GDG DevFest 2018 Tokyo
コミュニティ登壇: Shibuya.apk, Flutter Meetup Tokyoなど多数
著作: Androidテスト全書(7章)

本イベントは終了しました

類似しているイベント