【製造業向けDXウェビナー】〜製品情報を速やかにWebサイトへ反映するための、PIMとCMSの活用方法と導入ステップガイド~

参加枠申込形式参加費 参加者
なし
先着順 無料 0人 / 定員100人

イベント内容

製造業向けDXウェビナー
〜製品情報を速やかにWebサイトへ反映するための、PIMとCMSの活用方法と導入ステップガイド~

●概要

多くの製品を取り扱う製造業において、デジタルトランスフォーメーションを加速させるためには製品情報マネジメントが不可欠となってきています。

従来は対面営業が主流となっていたお客様とのコミュニケーションが急速にデジタル化する中で、Webサイトは情報発信のためだけではなく、企業の収益基盤としての役割や、コミュニケーションのプラットフォームとしての役割を求められるようになりました。

企業がオンラインで発信する情報量がかつてないほど膨大になりつつあるなかで、常に最新の製品情報をスピーディーかつシステマチックに共有し、各国のWebサイトへ反映するには、製品情報マネジメントソリューションであるPIMとWebサイトコンテンツを連携させた枠組みが効果的です。PIMを通じて必要な製品情報をCMS(コンテンツ管理システム)へ自動連携し、正確な製品情報をWebサイトへ反映させることで、マーケティングの現場オペレーションの生産性向上とデジタルマーケティングの効率化が期待できます。

PIMは、多言語に対応し、本社で登録した製品・商品情報をグローバルでスピーディーに共有することで、製品管理部門とマーケティング部門の情報共有をスムーズにし、オペレーション効率を高めます。

アクイアの提供するCMSはAPIによってContentserv社のPIMと連携させることができ、デジタルマーケティングに必要な情報をPIMからCMSへと引き継ぐことが可能です。

当ウェビナーは、製造業のデジタルトランスフォーメーションを加速させるために必要な「製品情報マネジメント」と「コンテンツマネジメント」をテーマに、

・製造業で進められているDXプロジェクト動向とデジタルマーケティング手法の変化
・PIMの基本的機能および、導入事例
・PIMとCMSを連携させて活用する方法とメリット
・導入までのプロジェクトロードマップ

について、株式会社Contentservの代表取締役である渡辺信明とアクイアジャパン合同会社カントリーマネージャー小坂慎吾が丁寧に解説いたします。

●登壇者

小坂 慎吾氏
アクイアジャパン合同会社  カントリーマネージャー

Salesforce,Criteo,Treasure data等のデジタルマーケティングツール、ERP等の基幹システムなどのソフトウェア・クラウドベンダーの営業職を多く経験。今後はマーケティングがデジタルにシフトすることを踏まえ、デジタルマーケティング業界でキャリアを重ね、培ってきたデジタルマーケティングの知識、スタートアップ環境、外資系企業での経験を生かせる環境としてAcquia社に入社。



渡辺信明
株式会社Contentserv 代表取締役

国内SI企業、外資系ソフトウェア企業を経て、2005年にベンチャー企業の創業に参画。ソフトウェア事業を統括し、株式上場を果たす。2017年に株式会社Contentservを設立し、代表取締役に就任。Contentserv日本・アジアパシフィック地域を統括する。
「商品情報は顧客接点のラストワンマイルです。商品情報管理を制する者が、マーケティングを制すると言っても過言ではありません。私たちContentservは、全く新しい文脈的な商品情報管理手法によって、お客様のデジタル変革を支援します。」

●参加費
無料

●ハッシュタグ
#techplayjp
注意事項
※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

本イベントは終了しました